« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

KLE500で行く四国・中国ツーリング:第2日

(これは5月1日に書いています。いろいろあるのでちょっと長くなってしまいました。ご勘弁ください。)
 この日はまあ、最後はどたばたしましたが、途中までは面白かった訳です。目指したのは剣山スーパー林道。「日本一長いダート」などと言われる道です。

 オフロードを走り始めるようになってから、ここはいつかは走りたいと思っていました。本当ならセロー250で走ってみたいという気持ちもあるんですが、セロー250で来ると、行動半径はそんなに伸ばせなくなる。「セロー250でダート三昧」っていうのも楽しそうだったんですが、今回はKLE500を選択。いろいろ行きたいところがあったのと、KLE500でダートをどれくらい走れるのかも試してみたかったからです。

Guide1_sGuide2_s ということで、スーパー林道を目指してバイクを走らせた訳ですが、びっくりしたことがあります。剣山スーパー林道への道を案内する標識が非常に充実しているんですね。途中からは、もう道を間違えようがないくらい看板がありました。左の画像はスーパー林道に入る前。右はスーパー林道に入ってからの分かれ道に立っていたものです。確かに、俺と同じようにバイクで来ている人とか四輪車で走っている人も意外といましたので、林道そのものが観光資源みたいになっているんだと思います。道路がらみの整備とか公共事業というと、お役所的にはすぐに舗装するとか高速道路を作るとかになるのでしょうが、ダートを立派に保持して、そこへ行きやすくするってのも、もっと力を入れてもいいんではないか。いくつも標識を見ているうちに、そんなことも考えました。

Tsurugiyama_s で、スーパー林道なんですが、「入り口」の案内があっても最初のうちは舗装路でした。しばらくすると、ようやくダートが見えてきました。左の画像はその時撮ったものです。よし、ダートだっ!と意気込んだものの、しばらくすると、また舗装部分が登場。その後も未舗装路の後にアスファルトの道が断続的に現れたりしました。どうやら「日本一長いダート」というのは、今はここではなかったりするんでしょうか。よくわかりませんが、ずっとダートが続くというのをイメージしていただけに、ちょっと意外でした。
 ちなみに、KLE500でダートを走った印象ですが、そんなに大変ではありませんでした。まあ、砂利で車体が深く沈んだり、ドロドロの道を走ったりしようとしたら、そんなことを言っていられないかとは思います。また、正直そんなにスピードは出していなかった(出す気になれなかったし、出せなかったんだと思いますが)ので、他のオフロードバイクに抜かれたりはしました。ただ、これはこれで全然かまわないと思いました。

Img_0309_s ところが、です。しばらく走っていると尻の感覚が何か変なことに気づきました。曲がるときに横にズリっとする。「ん、気持ち悪いぞ」と思って、バイクを止めた(これも実は大変だったんですが、その話は改めて)ところ、リアタイヤに針金のようなものが突き刺さっていました。これまでにも転倒ネタを書いたりして、自虐ネタには事欠かない訳ですが(はー)、やはりこれも写真を撮ってみました。ちょっとピントがあっていないのでよくわからないと思いますが、木片ではなく金属の針金(のようなもの?)です。なんでこんなものが林道にあるんだろうか。工事もしていたので、現場で発生したゴミか何かなんでしょうか。直後に(そして今も)そんなことも考えましたが、悩んでばかりもいられない訳です。結局、たまたま通り過ぎようとしたライダーさんをつかまえ、パンクの修理をしてもらいました。実はパンクの修理はしたことがなかったので、お願いしてしまった訳です。こういう時はやさしくしてくれるライダーさんはありがたいですね。他にも、もうお一人手伝ってもらいました。本当に助かりました。感謝です。

 結局、いろいろあったのですが、走れるようにはなったものの、スーパー林道を走り続けることは断念。とりあえず「普通の道」を目指しました。さらに結局、空気がまた抜けてしまい、身動きできなくなることに。さらにさらに結局、徳島のバイク屋さんにバイクを運んでもらい、タイヤの修理をしてもらうことになりました。ただし、そんなこんなでもう夜になっていたので、徳島に宿を取りました。

本日の走行距離:116.0km
今回のツーリングの累計走行距離:218.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第2日」は改めて書きます

 本日の話は後日書きます。ちょっとトラブルがありまして、などと盛り上げてみますが、実際、ちょっと予定通りにいかず、宿泊予定の宿をキャンセルし、別のところに泊まることになってしまった。ところが、ネット対応ができていないところだったんですね。今、これも携帯で接続して書いています。

 ということで、もう少し通信環境が良いところできちんと書きたいと思います。ちなみに、けがをしたとかいうことではありませんよ。当面の問題は、明日どうなるかなんですけどね。その話もまたということで。お待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

KLE500で行く四国・中国ツーリング:第1日

 今日のモブログの投稿を見て「何で新幹線なんだ?」と思った方も多いかと思います。実は、大阪の方に先にバイクを送っており、後から俺が移動したということです。ばたばたしましたが、何とかほぼ予定通りに事が運びました。

 初日からトラブル発生でした。何かというと、指定席を取っていた新幹線に乗れなかったこと。要するに朝寝坊ですな。昨日の夜から今日の朝にかけては2時間くらいしか寝ていないんですが、やはり3時間は寝ないと体は動きません...とまとめようと思ってふと気がつきました。要するに出発前であるにもかかわらず「GWはツーリング」とか書いている場合ではなかった。これを書いていなければ、予定していた「のぞみ」に乗れていましたねえ。

 それはともかく、結果的にはツーリング初日からヘマ、ということになったのでちょっと落ち込みましたが、気を取り直して別の「のぞみ」で大阪に向かいました。GW初日で自由席となると、かなり並ばないと座れないのではないかと思ったのですが、空席がありました。寝坊したとはいえ、まだ朝が早かったのが良かったのかもしれません。

 大阪に到着後、運んでおいたバイクをピックアップしました。今回のお供はKLE500。ちょうど慣らし運転も終わったところですし、そろそろ泊まりがけのツーリングで利用してみて使い勝手を見てみたいと思っていたので、これにしました。(他にも考えたことはあるのですが、その話は後日します)

060429_009_s 大阪からはまず和歌山まで行った後で、和歌山からフェリーで向かうことにしました。写真はそのフェリーに乗船していた時に撮ったもの。乗船時間は2時間ほどだったのですが、寝不足だったこともあり、大変は寝ていました。それから徳島に上陸後、今日の宿である阿南へと向かいました。到着したのは午後7時前です。下の数字を見ていただいてもわかる通り、バイクの走行距離としてはたいしたことないんですが、俺の移動距離は結構ありました。今日は文字通りの移動日となってしまいましたが、明日からはちゃんとバイクに乗って(そりゃそうなんだけど)、うろうろしたいと思います。

本日の走行距離:102.3km
今回のツーリングの累計走行距離:同上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここで下車

ここで下車

東京駅のよりも暗く見えるのは明かりのせいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずはここ

まずはここ

出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWはツーリング

 また更新できない状態が続いてしまいましたが、ゴールデンウィークはツーリングです。 ということで、今日からネタはアップしますので、よろしくお願いします。

 ちなみに、そうなると「3月の人気記事ランキング」は4月中には更新できません(たぶん)。うーん。4月分と併せてGW明けに発表する感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

セロー250も2年目

 このブログは、セロー250の購入を機に始めました。ブログが1周年となったということは、セロー250も購入して1年が過ぎたということです(納車時の記事はこちらです)

 結局、1年後の現時点でのセロー250の走行距離は4000kmまでいっていません。あともうちょっと、のところです。1年あればもっと走るんじゃないかとも思っていましたが、泊まりがけのツーリングにセロー250で行ったのは、去年7月の長野・山梨ツーリングの時くらい。そうすると、やはりそんなに走行距離は伸びないと思います。それに、1000kmまでは慣らし運転のために、高速道路を走るのは控えてました。それでちょっと時間がかかってしまったということもあります。

 その後、昨年末にはKLE500を買ってしまったってのも、セロー250の走行距離が伸びない理由になってしまったですかね。ただ、何度も書きますが、セロー250のことが嫌になった訳じゃないですよ。3台の中では一番非力ですが、どんな道でもずんずんと躊躇無く進めるのは、やはりこいつですね。あと、以前にも書きましたけど、時速40kmで走るということがとても楽しいということを教えてくれたのも、このバイクです。FZS1000に乗っている時と比べると、バイクから見る景色がまた違うんですよ(もちろん、楽しいかどうかは場所にもよりますが)。

 山の中の林道もそろそろ走行禁止が解除されて走れるようになるかと思います。日帰りにはなるでしょうが、またセロー250で林道ツーリングができる季節となるので、ぜひまた行きたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

デザイン変更

 サイトの開設1周年を記念して、デザインを少し変えてみました。抜本的な変更をした訳ではないのですが、とりあえずやってみました。

 変わったところが大きく目立つのは、上部のバナー(と呼んでいいのだろうか)に画像を持ってきたことじゃないでしょうか。今までは文字だけだったのを、写真も使ったということです。以前にも書いた気がしますが、「バイクというハードウェア」について書くブログにするつもりはない、というかそれができるだけの知識は俺にはありませんので、バイクが入った画像を使うのもどうかとは思ったのですが、ただの風景写真を使うよりは、こういう方がいいかと思い、使ってみました。

 今回の画像は一昨年にFZS1000で北海道に行った時に撮影したものです。開陽台のそばの道路ですね。個人的には、いかにも「北海道らしい」感じの道路だと思います。ちなみに、今回はFZS1000の時の写真を使いましたが、今後もそうすると決めている訳ではありません。もちろん、KLE500やセロー250でも今後ツーリングには行くつもりですので、良さげな写真が撮れたら、バナーに使用するかもしれません。

 ただ、やってみて分かったんですが、バナーのように横長に切り取った場合に、うまく撮れている写真って、なかなか無いですね。普通はもう少し縦がある状態でアングルは考えますので。まあ、今後ツーリング先で写真を撮る時には、ちょっとは意識して撮影しようかと思っています。

 それからサブタイトルもつけてみました。「日々」としたものの、毎日乗っている訳ではありません。このあたりは気持ちの問題もあるので(「今度の週末はツーリングに行こう」と思うからこそ、平日に仕事をがんばれる訳ですな)、大目に見てやってください。

 とりあえずこの状態でオープンはしていますが、少しずつ修正したり変更するかもしれません。例えば、日付などの表示が文章の最後にあるんですが、今はその表示がちょっとおかしいですよね。ここはいじっていないはずなんですが……。なぜなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1周年!

 おかげさまでこのブログも開設して1年となりました。
いやー、早いですね。セロー250購入をきっかけに始めたブログですが、何とか今まで続けてこれました。といいながら、更新頻度はなかなか上げられませんが……。

 今後も試行錯誤しながら記事を書いていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

 ちなみに、「ご挨拶」というカテゴリーを使うのは、開設初日以来のことですな。次は来年の同じ日に「2周年!」を書く時だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

自宅でマン島を走れる、のか?

 このブログはいちおうバイクとツーリングの話がメインのネタ(のはず)ですが、ちょっとゲームネタをまた。タイトーから新しいバイクゲーム「TT スーパーバイクス リアルロードレーシング」が発売されます。以前取り上げたツーリスト・トロフィーと同じくPS2用です。そして、舞台がマン島なんですね。ほー、個人的にはもうそれだけでちょっとグッとくるものがあります。

 マン島で開催されるTTレースで走りたいとまでは思いませんが、マン島には行ってみたいし、(違う時期でいいので)少しはバイクで走ってみたい。とはいえ、そうそう簡単には行けません。で、ゲームで走れるというならちょっとやってみたいなあと思うわけです。これもリアル系のゲームみたいですが、アーケードモードなどというものもあるようで。逆にこういう方が楽しかったりするんですよね(実車に乗る方が楽しいに決まっているという先入観があるからそう思うのかもしれませんが)。

 「ツーリスト・トロフィー」については、ブログで紹介していながら実はまだ買ってもいないし、プレイしたこともないんです。興味はあるんですけどね、ちょっとまだ買っていません。こっちのゲームはどうだろう。買うかなあ。まずはゲームの画面を直に見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

駐車場が増える

 

他の方のブログで知りました。バイクの駐車場の整備が義務づけられるそうです

 これはもう当たり前。むしろ何で今まで無かったのか、まったくわからん。生産台数から言えば、日本という国は世界に冠たる“バイク王国”であるはずなのに、自動二輪車が法の規制外だったという不備が長年放置されていたこと自体がそもそも変な話。なんか日本国内のバイクをめぐる話って、こういう「いびつ」なモノが多いような気がします。

 もし仮に、バイクの違法駐車で切符を切られた人が、「バイクの駐車場整備を促す法律が無いのだから、違法駐車の切符を切ること自体がおかしい」なんて裁判を国に対して起こしていたりしたら、勝てたんだろうか。まあ社会通念上、そんな判決が出るとは思えないですけどね。いずれにしてもこれでどんどんバイク用の駐車場が増えるのであれば、便利にはなります。値段(駐車料金)にもよるんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

アクセス解析がアクセス不能だった

 このブログでは、アクセス解析のサービスとして、「AccessAnalyzer.com」を利用しています。ところが、ご存じの方も多いかと思いますが、ここへのアクセスが一時期できないようになっていました。

 先ほど、試しに見てみたらアクセスできるようになっていました。今回の経緯についての説明もアップしています。なかなか大変なんですね。

 このブログを見に来てくださる皆様には関係の無い話ですが、書いている本人としては、アクセス解析のデータを見るのは意外と面白いものなんです。その結果をもとに、何かを変えるというところまでできる訳ではないのですが、見ていて励みにはなる。再び利用できるようになれて何よりです(ただし、アクセスできなかった期間のデータは存在しない、ということなんでしょうね)。

 ちなみに、そろそろ「3月の人気記事ランキング」を発表すべきなのですが、データの分析などをまだしておりません。今しばらくお待ちください(実はこれが一番言いたかったことだったりしますが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

慣らし運転終了(KLE500)

 同じタイトルで、セロー250について書いたことがありますが、今回はKLE500です。

 日曜日のツーリングで慣らし運転が終了しました。KLE500の場合、慣らし運転は

  •  800kmまで……エンジン回転数は4000回転まで
  • 1600kmまで……エンジン回転数は6000回転まで

となります。日曜日に走って、ちょうど1600kmくらいになりました。800kmまでの4000回転までってのは、結構シビアというか、そんなに速度が出せなかったんですが、6000回転までだとそこそこのスピードが出ます。前にも書きましたが、4000回転だと高速道路で時速80km/hくらいしか出せませんが、6000回転だと「片道3車線で真ん中の車線の一般的な車の流れにほぼ追従できるくらい」(場所にもよるんですけどね)の速度は出せると思います。まあ、本当は高速なぞ乗らずに一般道を地道に走るべきなんですが、いくらかは走ってしまいました。

 ちなみに、セローやFZS1000の時は慣らし運転の目安は1000kmだったんですが、何が違うんだろうか。メーカーの方針の違いで1000kmとするのか1000マイル(≒1600km)の違いとなるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父方面で花見ツーリング

 昨日は……と書く気でいたら、もうアップする時は火曜日ですね。日曜日は、秩父方面にKLE500に乗っていきました。

S_060409_002 相変わらず、「悩んだときの秩父」です。で、ふらふらと走ってみたんですが、桜がきれいでしたね。ちょっと来週はもう見られないかもしれないなあと思いつつ、しみじみと走ってみました。画像は、某所(というか、よく覚えていません)で撮ったもの。路上から見て、あまりに立派な桜だったので、その下にKLE500を置いて、写真を撮った次第です。桜の木の(ほぼ)全体を収めようと引いて撮ったら、KLE500が小さくなってしまった。逆に言うと、それだけ桜の木が大きいってことですよね。




S_060409_011 こちらの画像は別の場所で撮ったもの。試しにアップで撮影してみたんですが、ちょっとぼけていますかね。風が強い時だったので、ピントを合わせた時よりも桜が手前に揺れたせいかもしれません。ちなみに、去年はセロー250FZS1000で桜と一緒に写真を撮ったことがありますが、今年はそのタイミングよりも早いですよね(FZS1000と桜の写真は撮影した場所が違うので、厳密には比較できませんが……)。


 ちなみに、桜の開花が早い時に、梅雨の長さとか夏の暑さ(あるいは晴れる日の日数)がどうなるかなんてのは、予想できないもんなんでしょうか。桜の開花とそれ以降の気温について、何か相関関係でもあるのかとググってみたんですが、そうした説明があるページは見つけることができませんでした。ちょっと暖かくなって、ようやくツーリングしやすい天気になったので、桜を見ながらそんなことも気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 9日 (日)

投稿失敗!

 出先で携帯電話から投稿したのが、1つ前のブログです。何だかよくわからないと思いますが、それは画像がないからですね。俺が送信を失敗したのか、あるいはココログのシステム障害なのか、たぶん前者だろうなあ……。後者と主張できるほど力強くはなれないのですが、いずれにしても、これではよくわからんので、再度画像のアップに挑戦します。下の画像が携帯から送ろうとしたものです。

S_p1000078





 今度は通常の管理画面からなんで、たぶん大丈夫でしょう。ただ、今現在(午後10時過ぎ)、だいぶシステムが重いんですよね。本当は、今日のツーリングの話を書こうと思っていたのですが、たぶんこれから深夜に向かって管理画面へのアクセスは重くなっていくばかりなんではないだろうか。ということで、今日アップできなかったら明日以降ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高坂SA

満開ですが、風が強いので散ってしまうかもしれないですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

第一印象は誤解なのか

 プレストの試乗会から始まり、カワサキのイベントがあり、そして東京モータサイクルショー。3週続けてバイクのイベントばっかり行った訳ですが、試乗も3週続けて行いました。(何やってんだか、というのは自分でも思いますが、そんな思いは忘れたことにして、違う話を書きます)

 モーターサイクルショーではBMWのK1200Rに試乗しました。どんな乗り心地なのか、乗ってみたかったんですね。実物を見て、乗った印象としては、うーん……。もっと質感のあるバイクなら良かったのになあという感じでしょうか。これって、例えば買うとしたら200万円くらいは何だかんだとかかるですよね、とまずは考えてしまう。まあ、そんなこと書いておきながら、ある日突然、ぽーんと買っている自分ってのもいるかもしれない。ともかく、試乗できたのは良かったと思います。

 で、3週立て続けに試乗しまくって、思ったことがあります。「第一印象は、あまり当てにならんのではないか」ということです。もともと、スペックとか写真だけを頼りにバイクの善し悪しを評価することは抵抗がありました。去年のセロー250を購入した時の話では、だからこそ「Riding is believing」などと書いた訳です。

 今でも「頭でっかち」なバイク選びをしたいとは思いませんが、ここしばらくいろいろ試乗させてもらって、少し意識が変わったような気がします。きっかけはカワサキのイベントでスーパーシェルパに乗ったことですね。その時の記事にも書きましたが、去年試乗した時はいまいちだと思ったのが、今回は結構楽しかった。セロー250やKLE500に乗るようになった「慣れ」のせいかもしれませんが、だとしたら初乗りの第一印象というのは、そんなに当てにはできないってことなのではないか。そんな気がしてきた訳です。

 ただ、「第一印象がダメで、乗り続けてもやっぱりダメだった」みたいなバイクもあると思うんですよ、きっと。個人的にはSS系がこれかなあという気がしている。食わず嫌いみたいなところもあるんですけどね。いずれにしても、いろいろなタイプのバイクには(試乗だとしても)今後乗る機会を作っていきたいとは思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

東京モーターサイクルショー(2)セロー250とその仲間たち

 やはり、一週間遅れのペースになってきてしまいました。まずいですね。とりあえず1つ書きます。(モーターサイクルショーのシリーズ物はもしかしたらこれで終わりにするかもしれません。もう1つ合わせ技のネタはありますが、それは別にするかもしれないので)

 モーターサイクルショーでは、セロー250関係の展示もいろいろ見ました。去年のこのイベントでセロー250を見て、試乗できたというのが購入のきっかけにもなりましたので、今年もちょっと気にはなっていました。実際、展示もいろいろありましたので。

S_060401_014今年の色、緑です。旧型のセローも緑色のはいいなあと思いましたが、これもなかなかです。実物を見て改めてそう思いました。セロー250のデザインや造形って、いかにも今風というか独特なのですが、これが意外と山の中を突き進むバイクとしても似合うんですよね。まあ、05年モデルのオーナーとしての“偏向した”意見ではあるのですが、となるとグリーンってのは絶妙な色だと思います。


S_060401_023 一方、こちらはXT250Xの外装キット、だったと思います。ワイズギアの展示ですね。ヤマハというと青、というイメージがあるのですが、黄色もなかなか。こういうモタードバイクだと、精悍さを打ち出せる感じがしますね。
どうせなら外装キットといわず、このまんま製品化してしまえばいいような気もしますが、どんなものでしょうか。


S_060401_035_2
S_060401_029060401_027続いてはスズキブースにあったジェベル250XC、ではないです。これもワイズギアの展示で、セロー250のオプション装着車です。右の画像は大きいサイズのままにしてありますので、何が装着されていたのかがわかると思います。ライトは商品化されるかどうかはわからないということですね。

 こういうツーリング系の機能(と見栄えも?)を強化する流れというのは、個人的には「あり」だと思います。ただ、現行のライトにしても小さいとはいえ夜でもきちんと明るいですし、セロー250のパワーだとスクリーンは無くてもいいかなあという気もする。むしろどうせなら燃料計をつけるとかガソリンタンクの容量を増やすといったパワーアップもできるようになってほしいですね。そういうのは、無理なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

東京モーターサイクルショー(1)気に入ったバイクあれこれ

 今度こそ一週間遅れなんぞになるまいと、思いながら書き始めますが……どうなんでしょうねえ。自分の忙しさだけでなく、ココログのシステムの調子にもよるかとは思いますが、がむばります。

 会場に行ったのは昨日です。10時開場で、またもや早く着いたんですが、9時30分前くらいですかね。既に行列ができていました。到着後もさらに、ぞろぞろと人が増えていったんですが、いやー、こんなに来場者がいるとは思いませんでした。国内のバイク市場は停滞だか縮小だかしているはずなんですが、その割には大勢いましたね、しかも開場前なのに。まあ、ここでガラガラだったりしたら、もうおしまいな訳で、この時くらいはにぎわってくれないとバイク業界のみなさんも困るんでしょうね。

 ちなみに、開場を待っている時は「ひょっとして、並んでいる人の大半はサクラで、バイク人気のなさを自虐的にネタにしたエイプリルフールだったらすごいなあ」などと思ったりもしました。実際は、そうではなかったみたいです(そりゃそうですわね)。

S_060401_006 で、展示してあったバイクの中から興味のあるものを紹介します。まずはトライアンフのスプリントST。1000ccクラスでこういうスポーツツアラー(というジャンルでいいでしょうか)は国産マシンだとないんですよね。あと、3気筒のエンジンがどんな乗り心地なのかは興味があります。ちなみに、俺が持っているバイクの中には単気筒のセロー250があって、KLE500が2気筒、FZS1000が4気筒ですから、こいつも買えば「シリンダーのサイクルヒット」は達成できます。残念ながら、そんなことはできそうにありませんねえ。金銭的余裕がないことだけでなく、エンジン4つを維持すること自体が無理だなあ(と真剣に書いてみたりもしますが、まあ無理です)。




S_060401_009続いては、アプリリアのトォーノです。アプリリアのサイトではトップページのフラッシュの中ではこの新型が登場しているようですが、製品情報では旧モデルしか掲載されていないようです。前からこの新型は見たいと思っていました。これもなかなかの面構えですな。結構好きです。





S_060401_011そしてビューエルのユリシーズ。スプリントSTとトォーノに関してはまたがることができたんですが、ユリシーズは展示のみでした。雑誌の記事やビューエルのサイトなどで見ると、他のビューエルのバイクとの違いが今ひとつわかりにくかったんですが、こういう提案型の展示を見ると、違うんだなあということはよくわかりますね。できればまたがってみたかったですね。 

 まずは第一弾ということで、今回はここまで。さて、次回はいつアップできるだろうか。可能であれば今日中にもできるかもしれませんが、ダメならまた明日以降ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

THE K’s MEET 2006(2)その他のバイク

 先週のカワサキの試乗会では、ZZR1400の他にも試乗したバイクがあります。この試乗会では500円を払って2台試乗ができるので、本当は残り1台ですね。ただ、実を言うと(「ようやるわ」と我ながら思いますが)もう1回お金を払ったので、ZZR1400の他に3台ということになります。で、乗った車種は何かというと、具体的には以下の通りです。

バリオス-II
 
以前も書きました通り、去年のカワサキの試乗会でためしに乗って、このバイクのことをとても気に入りました。今回も乗らねば、ということで乗りました。感想は、うーん、やはりいい。そんなに飛ばしていなくても操る楽しさがありますよね。もうたまらんです。

スーパーシェルパ
 本当はZRX1200Rなど、大型バイクに試乗したかったんですが、希望者が多いので断念。以下の2台に乗りました。去年の試乗会の時にはいまいちだと思ったんですが、今回は特に変な感じはしませんでした。むしろ面白かったですね。ここ1年はセロー250だとかKLE500だとかオフ車、もしくはオフ車のような姿勢で乗るバイクにも乗ってきたので慣れが生じたのかもしれません。

KLX250
 
スーパーシェルパが意外と面白かったので、調子に乗ってKLX250にも乗ってみました。これもこれで面白いですね。ダートとかを走ってみたいです。

ということで、この前の週(先々週)のプレストの試乗会と併せて、試乗をいろいろできたので、まとめてちょっと考えたことがあり、そのことを書こうかと思ったんですけど、今週は東京モーターサイクルショーですよね。これも実は今日、行ってきました。イベントネタが3週続くと、自分でも何やってんだかと本当に思いますが、まあその話はこの後で。
(どうもココログのシステム負荷がまた高まったきたようなので、アップできるのはたぶん明日以降になってしまうと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金縛りにあったのは……

 今週は、確かにいろいろバタバタしており、なかなかブログを書けませんでした。

 いや、書こうと思わなかった訳じゃないんですよ。システムにアクセスできず、断念したことが何度かあった訳です。深夜しか時間が取れなかったんですが、もうその時は管理画面が開けない。ココログのシステムが「金縛り」だったんですなあ、というしょうもない話。「ひどい」を通りこして「むごい」ですわ。

 とりあえずこれを書いた時は、(このように)書けているものの、今晩は大丈夫なんでしょうかね。今日もまだ書く気でいますが……。(ダメだったら明日以降に書きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE K's MEET 2006(1)ZZR1400試乗しました

(本当は、いくら何でもこの話はもっと前に書こうと思っていました。そのあたりの話は次でします)

 またもや俺自身が「金縛りモード」に突入してしまい(それだけではないのだが)、ブログの更新ができませんでした。カワサキの試乗会の話は1度で済ませようかと思ったんですが、2回に分けます。

S_060319_047プレストの試乗会ではFZ1に乗ることが参加した動機としては大きかったんですが、カワサキで試乗したかったのは、これ、ZZR1400ですね。前にも書きましたが、「フラグシップ」モデルには興味があります。乗れるんなら乗ってみたいもんだと前から思っておりました。で、当日ですが、確か午前10時から試乗開始でした。ところが、なんと珍しいことに、早く到着してしまうことに。余裕があると思って途中で寄り道して自販機の缶コーヒーなぞ買って飲みながら時間をつぶした後で、会場に到着したのが午前9時頃。なんと、もう行列ができていました。いやー、すごいなあと思いながら受付をすませ、さっそくZZR1400の試乗を目指すと、ここも行列。じっと順番を待ち、やっと乗れたのは11時30分くらいでしたかね。(その頃には、もうZZR1400の試乗受付は終了していました)

 既にこのバイクの試乗話も他の人がブログでさんざん書いていますが、個人的な感想を。まず、思ったよりも小さく感じました。スズキの隼はモーターショーか何かでまたがったことがあるくらい(実際に乗ったことはない)んですが、それよりも小さく感じました。あと、車高が低く感じましたね。ただ、これはFZS1000に乗った時のイメージが(何時間も待った後でしたが、ひょっとして)残っていたのかもしれません。これはこれで「あり」だとは思います。

 他のバイクの話はこの後で(1本違う話を書きます)。いちおう今日中に書くつもりですが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »