« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

今日はカワサキ試乗会

s_060319_043 もたもたしていたらプレスト試乗会の話は書き終えるのに一週間もかかってしまいましたが、気がつくと今週はカワサキの試乗会でした。

 で、今度はこの話を書こうかと思っていますが、ちょっと今日は書けないのでしばしお待ちを。今回はたぶん1回で終わらせるつもりでいます……。あ、これも入れると2回ですね。試乗会の風景らしいのを探したんですが、ちょっといまいちな画像しかありませんでしたが、ひとまずはアップします。詳細は次回ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレスト試乗会(4)FZ1

 結局1週間前のネタになってしまいましたが、プレスト試乗会の話はこれで終わりにします。

 (書くのは最後になりましたが)実は、FZ1は最初に乗りました。今回、最も試乗したかったバイクでした。そりゃそうですよ。FZS1000の後継モデルですので。何がどう変わったのか、まあ雑誌のインプレなどはいろいろ出ていたけど、自分の目で見て自分自身で感じたい。そう思った訳です。

s_060319_011 試乗会の受付で手続きをすませ、まっさきにFZ1の列に並びました。で、自分の順番になってまたがることに。その時に、「あれ?」と思ったのが第一印象でした。FZS1000とはいろいろ違う気がした。(実際は違うのかもしれないが、感覚的には)車高が少し低いようだし、乗車姿勢も少し前傾になる感じでした。それとこれは当たり前なのですが、エンジン音も違う。エンジンが違うんだからとにかくこれは当然なんですが、まあいろいろ違う感じがしたんですね。個人的には、この計器類のあしらえ方なんて、好きなパターンなんですけど、やっぱりトータルで見ると「うーん……」という感じでした。

s_060319_012 他に違和感があった部分というと、このシートです。FZS1000よりは厚みがない感じでした。ただ、だからといって長時間座れないかどうかはわかりません(FZ1の方がもちっとした感じで配慮はされているようです)。要は座った時のおしりの触感が違う、とでも言えばいいんでしょうか。そんな感じがしました。結局、そんなこんなで、どうしてもFZS1000と比べてしまい、「これは違うバイクなんだなあ」と実感した次第です。



s_060319_014 以前、FZ1のことをアメリカのヤマハのサイトでは「ストリートファイター」として紹介しているという話を書きました。結局、このアメリカのサイトの紹介の仕方が的確で、ネーキッドバイクという中途半端な(前にも書きましたが悪い意味じゃないですよ、念のため)バイクとは別物になってしまったということなんだと思います。もちろん、名前も変わったことですし(アメリカ版は以前からFZ1でしたが)、必ずしもFZS1000の流れを受け継ぐ必要もないのでしょう。ただ、個人的にはそういう方向性を期待していただけにちょっと残念でした。

 実は、少し前からFZS1000の「その後」をどうするかを考え始めています。要するに、このままずっと乗っていくのか、それとも買い換えるかということな んですが、もし仮に買い換えるとしたら、FZ1は有力な買い換え候補の一つでした。ただ、今回の印象からすると、ちょっと違うなあと思いました。そういう視点で見ていた ので、少し厳しい評価になってしまったかもしれません。

s_060319_013 ちなみに、他の回も含め、このブログで書いているのは、現時点での俺の印象や感想でしかありません。他の人なら違う感想を持つだろうし、時がたつと俺の感想も変わるかもしれません(そういう話を近日中に書きます)。ですので、「こいつはこんなこと言ってるなあ」くらいに見てもらえれば幸いです。で、最後に、マフラーのアップも撮りましたのでアップします(汚れているんですが)。このマフラーの形状ってのは実際の見た目がどうなのか気になっていたんですが、変な感じは意外としませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月25日 (土)

プレスト試乗会(3)XT660R

 再びプレストの試乗会ネタに戻ります。

 XT660Rは去年の試乗会でもしかしたら乗っています。もしかしたら、というのは、モタードタイプのXT660Xか「R」のどちらかには乗っているんですね。ただ、どちらだったのかはよく覚えていない。そういうこともあって、今回こそは「R」に乗りたいと思っていました。

 乗った印象としては「これはこれでいいかも」とは思いました。去年乗った時は、ちょっと違和感があったんですが、(厳しい言い方をすれば)逆にそう高く期待しなかった分、いいと感じたのかもしれない。これ1台あると、結構行動半径が広がるかもしれませんね。

 実はこのXT660Rとおそらく「X」もそうなんですが、メーター類はセロー250と(ほぼ)似ています。順番的には、セロー250の方が流用している格好ですかね。去年の試乗会で初めてこのメーターを見たときには「結構見やすい」と感じました。で、セロー250のメーターを初めて見た時は「ああ、あのバイクのと同じか」と思った訳です。ただ、(写真は撮らなかったんですが)微妙にXT660系のメーターの方が機能は豊富みたいでした。どうせなら、そのまんまセロー250に持ってきてくれればよかったのに、とも思いましたね。

s_060319_001 ちなみにKLE500の購入時には、このXT660Rも購入候補としてちょっとだけ考えました。これを選ばなかった理由の一つに積載性が悪いのではないかという心配があったんですが、今回の試乗会で屋内に展示していたXT660Xを見たら、リアキャリアとスクリーンを装着しているものがありました。「X」に装着可能なものであれば、「R」でも大丈夫なのではないでだろうか。これならノーマルよりも荷物は積みやすいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

二輪車ETCは今秋から

 次に書くのは、「プレスト試乗会(3)」のつもりだったんですけど、違うネタの話をします。(試乗会の話は次回以降もうちょっとだけ続けます)。

 バイクのETCが秋から本格導入されるそうです。国土交通省の発表資料はこちらです。問題は、車載機器の大きさとか価格でしょうね。確かにバイクで高速に乗ると、降りる時の精算で時間がかかってしまう。その手間がなくなるというのはうれしいんですが、テスト中の機器は雑誌の写真などで見た限りはちょっとデカいようです。あれを装着するというのは、ちょっと嫌だなあというのが正直な印象でした。テスト中なので余裕を見て大きく作ったというのはあるでしょうし、メーカー間の競争が激しくなれば機器の小型化も進むんじゃないかと期待しています。

 ETCというと思い出すのは、以前、どこかの地方の高速道路で降りようとしていた時のことです。停車させて清算していたら、そのレーンを車が突っ切ろうとしました。料金を支払おうとしていたので、当然バイクは寄せていたので、確かに車が通れるくらいの横幅はあったかもしれないんですね。ただ、そこをそれなりのスピードでその車は突進しようとした。これにはびっくりしました。さすがに職員さんが手振りで制止して車は止まったんですが、無茶をするヤツだと思いましたよ、ホント。そのレーンはETCと一般の共用レーンでしたが、田舎の高速道路の出口なので、出口はそこ一本しかなかった。想像するに自動車にはETCが搭載されていたのだと思います。まあバイクにもETCが搭載されていれば、そういう変なアクシデントには見舞われなくはなるのは確かですな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年3月23日 (木)

プレスト試乗会(2)MT-01

 ここからは乗ったバイクの話をします。

s_060319_020 MT-01です。この試乗会で乗りたかったバイクの1台です。去年の試乗会にも参加したんですが、その時に初めて乗りました。乗れたのは今回が2回目ですね。去年の試乗会の時には、走らせた直後に「あ、これはおもろい!」という感触がありました。1700cc OHV Vツインエンジンが生み出す「鼓動」の味わいってことになるのでしょうが、走行中に口元が思わずニンマリしてしまったのを覚えています。

 ということで今年も乗ったんですが、何かが違っていた。もしかすると個人的な体調のせいとかもあるかもしれませんけど、去年の試乗会で得た楽しさはなかったです。何故なんだろう。今回は去年の体験があったので、期待値が高すぎたのかもしれません。ちょっとがっかりでした。

s_060319_032 ちなみに、こちらは試乗はできませんでしたが、以前ネタで紹介したワイズギアの外装キットをつけたMT-01が展示されていました。やはりオレンジ色もなかなか似合いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

プレスト試乗会(1)乗らなかったけど、興味あり

s_200603191110プレストの試乗会の話をようやく書きます。試乗会に行った他の人のブログではとっくにネタになっているみたいです。いやー、書くのが遅れてしまった。で、遅くなった罪滅ぼし、という訳ではないですが、試乗会の話を何回かに分けて書こうと思います。いろいろ書けそうなんで、よろしければつきあってやってください。ちなみに、写真は当日の様子です。順番待ちをしている時に携帯電話でさっと撮りました。ブレたかと思いましたが、結構大丈夫だったのでアップします(逆光なのはお許しください)。

 で、さっそくなんですが、今回は「試乗会に行ったのに、乗らなかったバイク(など)」です。いきなり乗らない機種の話をするのはどうかと思うんですが、乗らなくても興味のあるものがいろいろあったので、紹介します。

s_060319_029 試乗会なのに乗らないネタについて書くという掟破りをしますので、さらに掟破りをしてみます(あきれてここで読むのをやめる人ばかりだったらどうしようか……)。見ていただくとお分かりの通り、これはバイクじゃないですよねえ。<(_ _)> 
 会場ではバイクナビなどワイズギアの製品を展示していましたが、これもその中の一つ。自転車のうしろにつなげて荷物を運ぶ「リッキー」です。ワイズギアのサイトを見たときに「実物はどんなだろうか」と思ったんですが、まさかここで見られるとは思ってもいなかった。生活感がなくて、結構おしゃれな感じですね。ただ、俺はバイクは(今のところ?orしばらくは?)3台持っていますが、自転車は持っていないんで、買えません。まあ、でも見られてよかったです。

s_060319_026 次こそは正真正銘バイクです。おそらく今回の「目玉バイク」(って言うのか?)の一つ。R6です。カウルの中心がぱっくりと割れていて、このイッちゃってるデザインがもともと個人的には大好きなんですが、今回の試乗会で新たに発見したことがあります。カウルの中央にヤマハの音叉マークがついた部分がありますよね(音叉マークは写真だとわかりにくいかもしれませんが)。ここも光るんです。はー、やりますねえ。だから何だと言われると困るんですが、こういう遊び心があるところも好きです。ただ、これには乗りませんでした。デザインは好きなんですが、乗りこなせないんだろうなあという気がするもので。個人的には、「見ているだけでお腹いっぱい」です。

s_060319_018 続いてはTDM900。これは本当は乗りたかったんですが、乗りませんでした。午後の部で乗ろうかと思ったのですが、雨が降り始めた時に試乗を断念することに。当日はちょっと別件の用事があったので、途中で引き上げようとは最初から考えていました。しばらく並んでいれば乗れたかもしれないんですけどね。ちょっと残念です。朝の段階でも雨が降っており、雨が止むのを待ってから出発した結果、到着も遅れたんですが、最初から参加していれば、もっといろいろ乗れたかもしれません。

 他にもVmaxとかいろいろありましたが、とりあえず今回はこれまで。次回(はいつアップできるかなあ……)以降は、試乗したバイクの話を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

プレスト試乗会に行ったけど

 今日はプレストの試乗会に行き、ちょっとだけ試乗してきました。

 その話を今日中にアップしたいと思っていたのですが、ちょっとできそうにありません。明日には、と言いたいところだけど、ダメかもしれません。ただ、そのうち(あんまり遅くならないうちに)アップします。まあ、こう書いておいて「書かねば」と自分にプレッシャーをかけておくという意味もあったりします。

 ちなみに、最初から参加した訳でもなく、最後までいた訳でもありません。ということで試乗車を網羅どころか、3台しか乗っていません。その話はいずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

「バイク屋内持ち込み可」のマンション

 雑誌で見て知ったんですが、芝浦にバイクを部屋に持ち込める賃貸マンションというのが出来ていました。こちらです。

 部屋の中に置けるということは、バイクに乗れない日でもオブジェとしてニンマリ鑑賞できたりとか、当然だけどセキュリティ上安心できるとかメリットも多いですよね。ちなみに1階部分は自動車のガレージと住居部分が一体化しているようで。うーん、すごいですねえ。

 ただ、家賃も「すごい」と思ってしまうのは、俺が小市民だからなんだろうか。一番安い部屋で1ヶ月の家賃が18万5000円となるようです。どうやらそこはもう成約済みのようですが、同時に月120万円の区画も、もはや空き室ではなかったりします。いろんな意味でうらやましいというか、すごいなあと思った次第であります。どんな人が住んでいるんでしょうね。

 ちなみに、バイクにまったく関心がなかった大学生の頃、ある友達(当時、バイク乗りだった)が下宿先の部屋(1階でした)の中にバイクを置いているという噂を聞 いたことがありました。さっそく、そいつに聞いたら「そうだよ」と言われ、見に行きました。今にして思えば、要は屋内でバイクをいじりたかったからなんだろうとは思い ますが、大学生の下宿先の部屋(言ってしまえば、「ぼろアパート」だった)の中に、本当にバイクが鎮座しているのを目にしてびっくりしました。そんなことを、このマンションの案内を見て思い出しました。友達の下宿先のバイクは、やはり違和感ありまくりでした。でも、こういうおしゃれなマンションだと、バイクを部屋の中に置いても意外となじんだり、インテリアのアクセントとして映えるんだろうか。

※ちなみに、ちょっとまた最近バタバタしてきております。もしかすると、ブログの更新がここしばらく少し滞ってしまうかもしれません(まあ、もともとそんなに頻繁には更新できていないので、あまり変わっていないように思えるかもしれませんが……)。恐縮ですが、そんな事態になってしまったとしたら、気長にお待ちください。よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

2006年2月の人気記事ランキング

 ようやくまとめました。ちょっと遅くなりましたが、先月よりは早かったということでご勘弁ください、と書くつもりでいたら、あまり変わらないですね。うーん、もっと早くやろうと思えばできるはずなんですけどね。うーん……。

 まあ、うなってばかりいても仕方がないですよね。来月はもう少し早く出したいと思っています。ということで、まとめた結果をご覧ください。

■2006年2月の人気記事ランキング(2月1日~28日のアクセス数をもとに集計)

第 1位    W400(2006/1/13)
第 2位    ツーリスト・トロフィー(2006/1/31)
第 3位    御荷鉾林道をセロー250で走る(2005/10/2)
第 4位    富士宮やきそばツーリング(2006/2/4)
第 4位    スペック公開?(2006/2/9)
第 6位    セロー250の燃費(2005/6/11)
第 6位    日曜日の慣らしツーリング(2006/1/19)
第 8位    MT-01の外装セット(2006/2/18)
第 9位    スズキとカワサキは……(2005/11/1)
第10位    木製ハーレー(2006/2/15)

 4位と6位はどちらも同数だったのでそれぞれ2本の記事が並びました。1位のW400は先月に続いてのトップです。ただ、製品情報は公式に発表されたので、もうこれが数多くのアクセス数を得ることはないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

NARITAナンバー

 成田市で「NARITA」ナンバーのバイクがお目見えするのだそうです(出所はこちら)。

 記事を見る限りでは、地元ではローマ字ナンバーに対する思い入れがあるみたいですが、なぜなんでしょうね。国際空港があるから、外国人にもわかりやすいように、というのだとしたらこじつけとしか思えませんが。あと、写真を見ると、ローマ字といいながら「成田市」と併記もしていますな。「千葉」ナンバーは嫌で「NARITA」がいい……という感覚はちょっと個人的にはわかりません。アルファベットの方がカッコいいということなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 7日 (火)

セロー250の2006年モデル

 気がつくと、今年に入ってからセロー250ネタを書いておりませんでした。

 いや、全然走っていないという訳じゃないんですよ。街乗りマシンとして大活躍しています。ただ、どこかにツーリング行ったりしていないので、ブログ上では音沙汰無しみたいになっていました。もちろん、相変わらず、このバイクは好きですし、乗り続ける所存であります。

 そんなセローですが、気がつくと、セロー250の2006年モデルが発表になっていたですね。20周年記念モデルはなくなったかわりに、“(S)”というラインナップが追加。色も変わっています。

 もし去年買った時にこの2006年モデルと同じ色が揃っていたら、どれにしただろうか。実物を見ないと何ともいえないですが、この青もなかなかよさそうですな。今回もブラックがあるのですが、ヤマハのサイトを見ると「NEW COLOR」と書いてある。何が違うんでしょうね。これも現物を見てみたい。さらに、一番興味があるのはグリーンですね。前モデルでもグリーンのセローはいいなあと思っていましたが、グリーン系のセロー250もなかなか良さげだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

茨城・栃木方面へのツーリング

 日曜日はKLE500でツーリングに行きました。どこに行こうか悩んだんですが、そういう時はツーリングマップルをパラパラと見るのが意外と役に立つもんです。眺めていると、茨城県の日立より少し北から奥久慈方面へと走る国道461号線について、「展望はないがいい渓谷」と書いてあるのを発見。いい渓谷って何だ?と思いつつも、何となくそそる感じがしたので、行くことにしました。

 まずは常磐道で高萩ICまで行きました。そこからすぐに内陸部に入るのはつまらないので、いったん海岸を目指すことに。それで撮ったのが日曜日の「再び太平洋」の写真ですね。海辺ではサーフィンをしている人が結構いたみたいです。サーファーには冬も関係ないんだろうな、などと思いながら、転進してお目当ての461号線へと進みました。

s_IMG_0150  走ってみて、「なるほどねえ」と思いました。適度にくねくねしているので、それなりのスピードを出しながらバイクを走らせることができるんですな。交通量はそれほど多くはありませんでしたが、その割にバイク乗りがいましたね。ちなみに左の写真は、妙に見晴らしのいいところがあったので1枚撮ってみたものです。実は461号線ではなかったと思いますが、道路の一直線ぶりが走っていて気持ちよかったのに、写真ではよくわからないかもしれませんね。(ちなみに、KLE500の画像は今回が初公開ですね、たぶん。アップじゃないのでわかりにくいかもしれませんが、こんな感じです)

ともかく、その後は矢板ICから東北自動車道に入り、帰ってきました。

 今回のルートはなかなか面白かったです。早春から夏、秋に走るとそれぞれの季節で違う醍醐味を味わえそうな気がしました。FZS1000で行くとまた違う楽しみが得られそうですね。またいずれ走ってみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

再び太平洋

以前行ったのとは別の場所ですが、太平洋です。p1000069.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

early bird

 バイクに乗るようになって、以前よりも早起きができるようになりました。

 いや、単に年をとったから……とは考えたくはないので、バイクのせいにします(そこまでふけている訳じゃないっ)。早いうちから出ると、道路も混んでいませんし、快適なツーリングができますよね。仕事のために早起きするのは、苦手なんですが、遊びのためならできるんですな、これが。(ただし、泊まりのツーリングの時には、早起きしても準備に手間取って出るのが遅れたりもします)

 今日も5時前に目が覚めたんですが、今日はどこかに出かけるつもりです(日帰りですけどね)。さて、どこに行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

春は近い?

 気がついたらもう3月です。2月というとまだ冬、という感じですが、もう過ぎていた。なんか日の過ぎていくのが妙に早い気がします。

 で、早くも(いつも今頃なのか?)、気象庁が桜の開花予想というのを出していました。東京だと3月25日ということですかね。他のサイトもいろいろ見てみましたが、だいたい開花の1週間後くらいで満開になるそうなので、来月の今頃はお花見シーズンということになりそうです。今はまだちょっと想像できないですが、桜の満開も、バイクに乗っても寒くなくなるってのも、どちらもありがたく、楽しみではあります。

 ちなみに「春の空気」って感じたことは無いでしょうか。うまく説明できないんですが、「まだ寒いはず」と思って外に出たら、暖かさで空気がやわらいでいるのを感じることができた時の感覚、とでも言えばいいのだろうか。去年はやはり3月か4月頃にバイクに乗り始めた直後に、それを感じたのを、今でも覚えています。「耐寒武装」をしなくてもバイクに乗れるようになるのがうれしかったんだと思います。バイクに乗ると、季節の変化には敏感になりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

バイクメーカーのブログ

 ブログ人気というのは、企業の間にもあるようです。比較的早い時期からブログを始めていた事例というと、日産のティーダのブログでしょうか。このほか、最近では業種や企業規模を問わずいろんな会社がブログを開設・運営しているみたいです。

 バイク関連だとスズキがブログを始めていたのは知っていましたし、ヤマハもビッグスクーターのブログを運営していますよね。さらに、ヤマハはスクーターに続いてオフロードワールドというブログをスタートしています。その中ではなんと、

あと2~3年後にはオフロードバイクがブレイクしていますよ!!(たぶん…)

などとおっしゃっています。うーん、力強い! これはヤマハがオフロードバイクの販売に(も)今まで以上に力を入れるということなんだろうか……などと想像したくなりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »