« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月26日 (土)

痛恨の転倒!

 今回の内容は、まあそう何度もできない(やりたくない!)話です。なので、言うなれば「身体を張った」ネタでしょうか。前回のブログ(一週間近くあけてしまったですね)で秩父へFZS1000でツーリングに行った話を書きましたが、そこでちょっとした事件がありました。

s_051120_026b 要するに、タイトルにもある通り、転倒したんですね。何をしでかしたかというと、山の中の下り道をずんずん走っていたところ、早くも路面の一部に氷が張っていた訳です。そこにカーブを曲がった直後に突入した結果、つるんと滑り、走りながら横転したと。簡単にいってしまえば、そういうことですな。まあ、「ただでは転ばない」などと言いますが、せっかくなので?デジカメでその路面も撮影しました。画像がコケた場所です。ちょっと見にくいかもしれませんが、手前に白い線が何本かあります。これはおそらくバイクのどこかがこすれた後でしょう。ちなみに、赤みを帯びているようなところも見えるかもしれませんが、落ち葉じゃないかと思います。念のために書きますが、俺の血ではないですよ(出血していないので)。血だったらさすがにブログで画像を公開していませんねえ。

 結果的には、このように写真を撮るくらいの余裕はできた訳ですが、最初は何が起きたのか、まったく分かりませんでした。しばらくして、後から来た車の運転手さんにバイクを起こしてもらうのを手伝ってもらうなどしているうちに事態を把握しました。

 今までにもバイクを倒してしまったことは何度かありますが、今回が一番派手だったのではないだろうか。普通に走行している時にコケたのは、今回が初めて。転倒した時にはバイクと一緒に身体もすとーんと(あるいは「ズリズリと」)横滑りしました。骨折などには(まず間違いなく)なっていませんが、膝と肘は擦りましたねえ。まだ、擦り傷は残っていますが、生活への支障になるような怪我は(たぶん)ありません。これは不幸中の幸いですな。あと、バイクの方ですが、山の中を走行していたので、横転時に滑っていった方向によっては谷底へまっしぐら、みたいなこともあり得たかもしれない。ただ、それも無く、ラッキーでした。また、起こした後にエンジンもかかったし、そのままバイクに乗って帰ってこれたので、おそらくはそう大きな被害は無さそうです。ただ、横転したので、前後のカウルは派手に傷ついたり、割れてしまいました。

 まあ、とはいえ精神的にはやはりショックなんですよ。ここでは極力淡々と書いていますが、ショックはショック。本当に。以前、セロー250でも“転倒”した話は書きましたが、何で続いてコケるんだろうか(セロー250のは全然軽微なものだけど)。俺が「たるんできた」んですかね。うーん。まあ、悔しいとは思いますが、だからといってこれでバイクに乗るのがイヤになったりはしていません。これからもあっちこっちへツーリングに行きたいと思います。その話はまたこのブログで(冬になるにつれて、ますます頻度は落ちるかもしれないけど)書いていきますので、見てやってください。

 ちなみに、この転倒話を何人かの知人に話しましたが、中には「やっぱりバイクって危ないんだね」などと言う人もいました(当然、乗っていない人)。「危なかった」本人としては、そう言われるのもちょっと心外な気がします。そう感じるってことは我ながらまだバイクに乗るのが嫌いになっていない証拠なんでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

FZS1000で秩父へツーリング

 今日は秩父へFZS1000でツーリングしに行きました。

 正直言うと、他のところに行こうかとも思ったのですが、まあ手頃なところでどこかと思うと、秩父になるんですよね。これまでにも何度も書いていますが、秩父は好きでよく行きます。で、今回も秩父へ行った訳です。

s_051120_015 秩父も紅葉真っ盛りでした。何度行っても、新たな発見があるというか、秩父は奥が深いと毎回感じます。「いやー、秩父はやはりいいねえ」と思っていたまさにその時に、「それ」は起こりました……。
(続きは次回で。ちょっと落ち込んでいることもあり、今回はここまで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

サイト改造計画その2

 以前、書いた「その1」の後で、さらに微妙な手直しをしました。

 具体的には、その1の修正をしたというのが1点。まあ、だから「その2」というのは嘘みたいな気もしますが、「その1」の第二弾、と言ったりするとややこしくなるので、もう1つの改造と合わせ技で「その2」としてしまいます。

 そのもう1点というのは、アクセス解析サービスを導入したこと。既にちょっと時間が過ぎているのですが、いろいろなデータが分かるのは面白いですね。この手のサービスとしては、特にここ数日はGoogle Analyticsが何かと話題ですが、今入れているのは違います。こちらです。まあ、Googleの無料化よりちょっと前から利用していたので、これを使ってます(とりあえず不満もないので)。ちなみに、データが分かったら、じゃあ何をするかというと今のところ考えてはいませんが、現状がいろいろ分かるというのは見ていて楽しいです。ただ、これを始めたせいで、時々画面表示に以前よりも手間取ることがあるみたいです。恐縮ですが、ご容赦ください。

 とりあえず細かい改変ネタしかありませんが、やりたいことはいろいろあるんです。ただ、そのアイデアを具現化するテクと時間がないんですよねえ。いろいろ変わるのはいつになるのだろうか。(「その3」はあるとして、いつになるのか自分でも分かりませんが、まあ長い目で見てやってください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

日照時間

 寒くなるのと同時に、暗くなる時間が早くなっています。今は4時30分頃にはもう暗くなっているのではないでしょうか。

 日曜日のツーリングでも、戻ってきたのは5時頃だったかと思いますが、もう暗かった。暗くなってもバイクのライトは点灯する訳で、問題ではないのですが、まあ明るいうちに戻りたいと思うんですよね、いつも。ただ、冬になると日照時間が短くなる以上、日帰りツーリングで明るいうちに帰って来るには、出発を早めるか走行距離を少なくする(または行き先でうろうろする時間を減らす)しかない。まあ、走行時のスピードを上げるってのもありますが、それはそれで限界がある訳です。個人的には、寒さ以外にも、冬は日照時間もツーリングの「制約条件」になっています。

 ちなみに、最近の日の出と日の入りを調べようと思ったら、気象庁のサイトにはそういう情報は出ていないようです(ざっと見た限りでは)。お役所の分担としては、国立天文台 天文情報センターの暦計算室のサイトで情報発信をしているようです。「民間」のサイトでも、天気予報のページで日の出と日の入りの時間のデータがでているところって意外と少ない気がする。でもどちらかを気にする人は、もう片方も気になるような気がするんですけどね。それは俺だけなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

水ヶ森林道をセロー250で走る(でも未完走)

 今日もツーリングに行ってきました。事前にどこに行こうかと考えた結果、山梨県の水ヶ森林道を走ってみようと思いました。先週いったん中央道を降りた韮崎IC方面でどこかないかと探していて見つけたものです。その後で、周辺をうろうろしようかと思いました。

 いざ、出発したのが9時前くらい。意外と寒かったのですが、天気も良かったのでそのまま出発(これが実は大問題だった)。その後、中央道を進み、甲府南ICで降りたのが11時過ぎくらいだったと思います。

s_051002_031 その後、早めの昼食をとったり、GSを探してうろうろしていて時間をとられてしまいましたが、なんとか林道の入り口に到着。先を進むことにしました。何やら看板があれこれ立っていますが、バイクで進入できそうなので、先に進むことにしました。



続きを読む "水ヶ森林道をセロー250で走る(でも未完走)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

Phaser見参

 もう1つ、「タイトルで勝負」ネタです。あまりこういう東スポみたいな見出しつけていると、きっと誰も見なくなりそうなので、ひとまずここまでということでご容赦ください。

 以前、「2種類のフェーザー」という記事を書きました。今、俺が乗っているFZS1000は「Fazer」だけど、「Phaser」いうバイクもありましたよね、という話です。で、ヤマハ発動機のサイトを見たら、「Phaser」の情報がアップされていました! ……って違う製品でした。

 こういう違うジャンルで同じ名前を使うのは、どうしてなんでしょうね。意図的にしていることなんですかね。担当者が実は昔の「Phaser」のファンだったので、名前をもらったとか。ちなみに、ホンダが以前のモーターショーで展示したコンセプトモデルの名前をそのまま?四輪車に使って「エリシオン」とした、という例が他にはありますが、これはどうなんだろうか……と思ったら、よく見るとバイクは「ELYSIUM 」で車は「ELYSION」ですね。うーん、よくわからん。

ちなみに話を「Phaser」に戻すと、これは

新世代の駆動コンポーネント『シャフトモータ』

を搭載しているんだそうです。バイク以上に何がすごいのか、さっぱりわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロー250転倒

 久しぶりの書き込みなのに、派手なタイトルですんません。ちょっと大げさかもしれないですね。

 事故った訳ではないです。その瞬間は俺が乗っていたのでもない。えー、つまりですね、舗道に停車していた後、道路に戻ろうとしていた時のことです。またがらずに転がしていました。で、舗道から車道に降りかけた地点でサイドスタンドを下ろして停めて手を離していたた時に、バイクが自然に転んだんですね。変なところでサイドスタンドを降ろしたので、スタンドが自然になぎ払われた格好です。要は自業自得ってことですな。

 セロー250が倒れる途中で一瞬身体にあたりました。もしかしたら、ふんばって体勢を立て直すこともできたかもしれません。ただ、転ぶ途中のバランスを崩した状態でセロー250の重さを感じて、ちょっと驚き、ためらってしまいました。そう、意外なことに重かったんです。セロー250というと、軽いという印象しかありあせんでした。もう1台のFZS1000は、大型バイクの中では相対的にはそう重い方でもないはずですが、軽くはないのも確かで、取り回しにはそれなりに気を遣います。それと比べるとセロー250は軽い。取り回しだけでなく、乗っていてもラクチンな訳ですね。ただ、そうはいっても乾燥重量が115kgあります。つまり、たいていの人間より(まあ俺も含め)重いってことです。そのため、バランスが崩れて重さがのしかかって来た時に、セロー250を支えることができませんでした。

 セロー250で立ちゴケは今のところありませんが、こういう「乗らないゴケ」(でいいのか?)も悔しいですねえ。まあ、セロー250といえども重いのだから取り回しに注意せねば、という教訓は体験できました。そう思うしかないかと。

 ちなみに、転倒した結果、本体に傷がつくなど大事には至りませんでした(たぶん)。ただ、ハンドルガードが少し擦れてしまいました。自虐的な気もしますが、その気になったら画像をアップします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

過ぎていく秋

 もう「過ぎた」のかもしれませんが、秋が過ぎ去っていこうとしてますよね。

 今年の秋はとにかくツーリングに行けませんでした。まともに行った事例といえば、以前セロー250で行った御荷鉾林道と、先週末のFZS1000で行った福島・新潟・長野のツーリングくらい。あと、幕張にモーターショーを見に行ったというのもあるけど、そういうのはツーリングとは呼ばないと思うので除外。3連休が何度もあったのに、仕事が入ってつぶれたってのが何度かありました。これが痛かった。あと、雨の日が多く、すっきり晴れる週末が少なかったことも影響してますね。

 先日のツーリングも、仮にずっと快晴で、しかもそれが事前に分かっていたとしたらセロー250で日帰りでは行けないような距離のところへ林道探検へと出かけたかった。候補はいろいろあるんですが、代休が取れることはしばらくなさそうだし、ちょっと冬になると季節的にきついような気がする。これから冬になると、山の中のツーリングってのはしづらくなりますよね。

 とはいえ、ツーリング自体は(日帰りになるとは思うけど)冬だろうがしたいものはしたい。なので、その都度ご報告しようかとは思っています(さすがに雪の中への突撃レポートはしないつもりですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

FZS1000で行く福島・新潟・長野ツーリング:第3日

 今日は素直に帰ってこようと思っていたのですが、ちょっとしたアクシデント?がありました。

 いや、要は単なるガス欠になりそうだったというだけの話です。中央道を走っていて、諏訪湖SAで休憩した時点では中途半端にガソリンが残っており、「まあ大丈夫か」とたかをくくっていたら、途中で燃料の警告灯がついた。とりあえず高速を走り続けたものの、我慢できずに韮崎ICでいったん高速を降りることにしました。すぐにGSを見つけ、給油して再び、高速に乗りました。ちなみに、韮崎ICから7kmほど先に双葉SAがあったので、実はそのまま走ってもガス欠にならずに行けたみたいでした。とはいえ、それはあくまでも結果論。まあ、高速道路の路上でガス欠ってのにはなりたくないので、仕方ないかと。

 この韮崎ICで高速を降りた時のことです。出口に向かうと、そこにはバイクの軍団がずらりと並んでいました。とはいっても、ハーレーとかではなく、ビッグオフ系の人々。ツーリングマップルとか見ると、ここから少し足を伸ばすと、林道なんかもいろいろあるようなので、グループでどこかに走りに行ったみたいですな。俺も今度、セロー250に乗って来てみようかと思いました。

 で、結局、帰宅したのは午後2時頃でした。今回のツーリングはちょっと詰めが甘かったこともあり、なんか高速道路を走ってばかりいたような気がする。ただ、紅葉も見れたし、事故にもあわず、転倒もしなかったので、満足はできました。

本日の走行距離:247.2km
今回のツーリングの累計走行距離:997.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

FZS1000で行く福島・新潟・長野ツーリング:第2日

 今日は、前の記事に書いた通り、まずは日本海を拝んだ後で、高速道路に乗りました。関越道から北陸道へとバイクを走らせましたが、ところどころで震災の補修工事や点検のために1車線通行になっていたりしました。もう結構前のことだった気がするんですが、それだけ被害が大きかったってことですよね。

hikarigahara 結局、北陸道は上越ICで降りました。パワーセンター「ウイング」で昼食を食べた後に、県道95号線を走ることに。光ヶ原高原から関田峠、鍋倉高原と抜けていく道の周辺は紅葉まっさかりという感じです。左の画像はその時に撮影したものですが、本当はもっと紅葉が進んでいるところも多かったですね。「そうそう、こういうところを走りたかったのだよ」などと思いながら、すいすいと走ることができました。


 で、このあともいろいろと回る予定だったんですが、結局行けませんでした。まあ、ちょっと欲張りすぎましたね。昨日宿に着いた時点であわてて行き先を決めたため、どのくらいまわれるかをきちんと考えていなかった。せっかくここまで来たのだから、といろいろ行こうとしすぎた感じです(もっと日程にゆとりがあればよかったんですけどね)。

 しかしまあ、「紅葉の中を走る」という当初の狙いの一つは達成できたのでよしとせねば。
明日はもう戻りますが、おそらく素直に帰るだけとなるかと思います。

本日の走行距離:303.6km
今回のツーリングの累計走行距離:750.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海

今日はこれから山の方にむかうので、先に海を見ておこうかと。p1000065.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

FZS1000で行く福島・新潟・長野ツーリング:第1日

 またもやツーリングの出発が遅れてしまいました。寝坊した結果、出発したのが9時過ぎに。しかも、ちょっと寄り道したこともあり、高速道路に乗ったのが11時頃でした。

 今日は新潟に宿を予約したのですが、関越道で直行するのではなく、東北道で二本松まで行き、そこから下を走って新潟へ行くつもりでいました。なぜかというと、国道459号線を走ってみたかったからですね。ツーリングマップルによると、「太平洋側の浪江と新潟を結ぶ東北横断ルート」とか「絶好のツーリングコース」なんて書いてあります。ちょうど季節的にも紅葉も見ることができそうだし、こりゃ行かねばと思った訳です。

tsuchiyu 寝坊したのだから新潟へは関越道で直行しても良かったのですが、それはちょっと芸がない。ということで、当初の予定通りのルートで行きました。で、二本松ICを降りたのが2時頃だったですかね。そこまでは順調だったのですが、高速道路を降りたのとほぼ同時に雨が降ってきました。天気予報では今日明日は晴れるはずだったから日程を組んだのに、なかなかうまくいかないものです。写真は途中の道の駅で休憩した時に撮ったものです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、紅葉が始まっています。これで晴れだったら、もう最高だったんですけどね。非常に悔しい。東北にツーリングで来ると、なぜか雨になる確率は高い気がする。いつかまたリベンジしたいと思っています。

 一時、雨がやんだものの、再び降りだしたことと、やはり寝坊のせいで時間がおしていたので、下を走るのはあきらめ磐越道で新潟を目指すことに。高速では途中で暗くなるわ雨がひどいわでちょっと大変でした。

 しかし、(たぶん)いいこともあるもんです。宿に到着後、天気予報を見ると、明日は晴れそうだし、土曜日も天気はそう悪くはない模様。ということで、一泊の予定を変更し、もう一泊することにしました。明日こそ晴れますように。ということで、明日は長野県に向かいます。

追記:いつもの記録を書くのを忘れていました。
本日の走行距離:446.5km
今回のツーリングの累計走行距離:同上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

ようやくツーリングに

 秋ってのはツーリングの季節のはずです。ところが、今年は全然行けなかった。本格的にバイクに乗るようになってからは、秋には何度か泊まりがけのツーリングに行ってました。そういう意味ではこの秋は本当にひどい。ブログを書くようになったのに、あんまりですな。

 ということで、明日とあさってはツーリングに行きます。おかげさまで代休がたくさん取れたたまったので、まあ代休を行使しようかと。また、出先からご報告します。

※11/3追記:代休が「たくさん取れた」ってのは脳内現実でした。願望をそのまま書いてしまった。「たまった」のと「取れる」のは、なぜか?一致しないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

スズキとカワサキは……

 東京モーターショーに行った時のネタでヤマハとホンダの展示バイクを取り上げる記事を書きました。で、お約束の展開としてスズキとカワサキも同じように書こうかと思っていたんですが、結局やめました。

 何か仕事みたいな「作業」をしている気がしてしまったからです(仕事=作業とも限りませんが)。ここのところブログを更新していなかったのは、忙しかったってのも多少は影響していますが、既定路線(自分で決めてるんですけどね)を淡々と書くのがつまらなく感じてしまったことも大きいので。やる気がちょっと出ませんでした。好きでやっていることなので、これではいかんですな。他の人のブログとかでもモーターショーネタは既にいろいろ書かれているんで、もういいかという気もしてきました。

 ちなみに、気になるバイクってのはあったのですが、ちょっとそれについてはあえて書きません。それはまた心の整理がついた頃にでも書こうかと思っています。

triumph といいながらモーターショーの画像を1つだけ。トライアンフのブースにあったバイクです。色遣いがいいですよね。あと、英国車とはいえユニオンジャックをあしらっているところがおしゃれだなあと感心しました。これと似た例、じゃないかもしれませんが、よくハーレーに乗っている人が「Spirit of America」みたいな文句が書いてあるジャケットを着込んでいますよね。そういう芸当が普通にできるってのは、外国車に乗っているからサマになるんだよなあと思う時があります。国産車が好きだからといって、タンクに日の丸や日章旗をデザインしたり、「大和魂」とプリントした服を着ていたら、ちょっと「違う世界の人」になりますからねえ、ホント。

 話をモーターショーに戻すと、アプリリアのブースが今回は無かったようです。これがちょっと残念でした。新しいトゥオーノとかを見たかったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »