« コメントに多謝 | トップページ | 新モデル »

2005年8月31日 (水)

タクシーに急接近!

 前回のブログに引き続き、前回のブログのネタから入ります(変な日本語だ)。

> ここしばらく、ちゃんと更新できないかもしれませんが、(少なくとも今まで
> は)事故った訳でもなく、書く気がなくなった訳でもないです。

 と書いた中で、「事故った訳ではない」とあるのですが、実は先週末にあやうく事故にあいそうになっておりました。

 用事があって、街中でセロー250に乗っていた時のことです。「ツーリングじゃなくても、街乗りでも楽しいねえ」などと思いつつ、走らせていたのですが、時間がないことに気づきました。こりゃいかん、ということで帰路を急いだんですが、そこはセロー250ですので( (^^ゞ )、すんごいスピードなんてそう簡単に出せるはずがない。まあ、そもそも公道なんだから出せないんですが。そんなある時、幹線道路みたいな大通りで、一番左側の車線で流れに一生懸命のろうと走らせていると、直前にタクシーが走っていました。そして、このタクシーが突然、スピードを落として停車しようとしたんですね。結局目の前で停車しましたが、それに気づいた瞬間は、まさに「!」って感じでした。

 タクシーの運転手は「運転すること」ではなく、お客さんを乗せて運転する(行きたいところにいってもらう)ことで給料を稼いでいる訳です。そんなことは承知しているし、客を乗せようとして急停車、ってのには以前ひやりとさせられたことがあったので、舗道で手を挙げてタクシーに乗ろうとしている人がいないかとか、気をつけていました(少なくともある程度は)。ところが、この時は乗ろうとしている人なんて誰もいなかった。勝手に想像すると、この運転手さんは突然休憩したくなって、後方確認もせずに急停車したんでしょうかね。ともかく、予測のしようがなかったので、その時はびっくりしました。

 で、FZS1000に乗っていたらまだ良かったのかもしれないのですが、セロー250だった訳です。ご存じかと思いますが、大型バイクと比べると、ブレーキの効きは今ひとつですよね。これはセロー250に限ったことではないようですが、いろんなバイクについてのインプレをネット上で調べると、排気量が250ccくらいのバイクで「もうちょっとブレーキが効いてほしい」なんて書いてあることが多い。だからそんなこと言ってもしかたがないんですが、その瞬間には「ぶつかるのか!?」とマジで焦りました。

 結局、きちんと速度を落とすことができ、衝突には至りませんでした。タクシーを追い抜いていく時に、運転手さんはすまなさそうにしていましたが、「だったら急停車なんぞせんでほしい」とその時は思いましたね、ホント。まあ事故にはならなかったので、それで良しとしないと。

 規制緩和のあおりだと思いますが、タクシー業界は非常に競争が厳しいようです。なので、運転手さんもお客を乗せるのに必死なんだと思います。今回みたいに「なぜか急停車」という例は少ないかもしれませんが、お客を乗せようとして、かなり無茶な車線変更や、急停車をするタクシーは何度か見たことがあります。こういう時って、お客の側にも問題があると思えるような例もありました(急カーブの先など、運転手の視野が広がらないところで平気でタクシーを待つ人など)。ということで、ドキリとはしましたが、どんな時でもタクシーが一方的に悪いだなんて思っている訳ではありませんよ、念のため。

 ともかく、「急」がつくかどうかはともかく、タクシーだっていつ停車するかはわからない訳だし、一般の乗用車も、どういう動きをするかはわからない……というくらいの意識でいないといかんのでしょうね、運転する時は。今まで以上に注意をしないといけないと思いました。

|

« コメントに多謝 | トップページ | 新モデル »

コメント

セローが納車されました(私のはアニバーサリーカラーです、妻はおじんくさい色と言っております、まあダカールに比べたら華がないですけど)。じつはブレーキの件ですが、バイク屋さんで受け取ってルンルン気分で大道りにでた最初の信号でリアブレーキを踏んだのですがなんと!フニュ~と言う感じでなかな止まらず焦りました、フロントブレーキで止まれたのですが、新車だからアタリがでるまでこんなもんかな?250だしってな感じで相棒の225を誘いそのまま近くの林道へ試乗会に出かけました、ダートは程よいタッチで止まるのですが、舗装路はまるっきしダメ!やっぱし変?ブレーキのタッチが225と明らかに違う、と言うことでブレーキニップルに透明チューブを付けてエアー抜きをしてみたところ、ポコポコと少々気泡がで来たではありませんか、なんてこったいエアーを噛んでたんですね。その後はバッチシ踏み応え(反発)が出ました、皆さんも気をつけましょう新車でもおかしいと思ったら直ぐ点検ですね。
まだ慣らし中なのでたいしたインプレ書けませんが気づいた事を、
1、排気音がとても静かでよろしい、ヤマハの新しい志を感じる。セローはレーサーじやないんだから、いつまでもバリバリマフラーの時代じゃないと思います。(MP3を聞きながら走ってます)
2、エンジンがスムースに回り低速トルクも充分にある。昔乗っていたXT200のフィーリングを思い出しました、足つき性が良いしとっても乗りやすいです、バレリーナでは辛いですよね。
3、オプションのミニスクリーンは効果有ります、胸周りの防風が良く、ツーリング時疲れにくいと思われます。
これから少しずつモディファイしてマイセローにしたいと思います、今日は仕事が休みなのでちょっと足をのばして山里にあるソバ屋さんまでツーリングにいってきま~す。
SHIBAさんも事故にはきをつけて楽しいバイクライフを!

投稿: セローおじさん | 2005年9月 2日 (金) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101805/5727882

この記事へのトラックバック一覧です: タクシーに急接近!:

« コメントに多謝 | トップページ | 新モデル »