« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

タクシーに急接近!

 前回のブログに引き続き、前回のブログのネタから入ります(変な日本語だ)。

> ここしばらく、ちゃんと更新できないかもしれませんが、(少なくとも今まで
> は)事故った訳でもなく、書く気がなくなった訳でもないです。

 と書いた中で、「事故った訳ではない」とあるのですが、実は先週末にあやうく事故にあいそうになっておりました。

 用事があって、街中でセロー250に乗っていた時のことです。「ツーリングじゃなくても、街乗りでも楽しいねえ」などと思いつつ、走らせていたのですが、時間がないことに気づきました。こりゃいかん、ということで帰路を急いだんですが、そこはセロー250ですので( (^^ゞ )、すんごいスピードなんてそう簡単に出せるはずがない。まあ、そもそも公道なんだから出せないんですが。そんなある時、幹線道路みたいな大通りで、一番左側の車線で流れに一生懸命のろうと走らせていると、直前にタクシーが走っていました。そして、このタクシーが突然、スピードを落として停車しようとしたんですね。結局目の前で停車しましたが、それに気づいた瞬間は、まさに「!」って感じでした。

 タクシーの運転手は「運転すること」ではなく、お客さんを乗せて運転する(行きたいところにいってもらう)ことで給料を稼いでいる訳です。そんなことは承知しているし、客を乗せようとして急停車、ってのには以前ひやりとさせられたことがあったので、舗道で手を挙げてタクシーに乗ろうとしている人がいないかとか、気をつけていました(少なくともある程度は)。ところが、この時は乗ろうとしている人なんて誰もいなかった。勝手に想像すると、この運転手さんは突然休憩したくなって、後方確認もせずに急停車したんでしょうかね。ともかく、予測のしようがなかったので、その時はびっくりしました。

 で、FZS1000に乗っていたらまだ良かったのかもしれないのですが、セロー250だった訳です。ご存じかと思いますが、大型バイクと比べると、ブレーキの効きは今ひとつですよね。これはセロー250に限ったことではないようですが、いろんなバイクについてのインプレをネット上で調べると、排気量が250ccくらいのバイクで「もうちょっとブレーキが効いてほしい」なんて書いてあることが多い。だからそんなこと言ってもしかたがないんですが、その瞬間には「ぶつかるのか!?」とマジで焦りました。

 結局、きちんと速度を落とすことができ、衝突には至りませんでした。タクシーを追い抜いていく時に、運転手さんはすまなさそうにしていましたが、「だったら急停車なんぞせんでほしい」とその時は思いましたね、ホント。まあ事故にはならなかったので、それで良しとしないと。

 規制緩和のあおりだと思いますが、タクシー業界は非常に競争が厳しいようです。なので、運転手さんもお客を乗せるのに必死なんだと思います。今回みたいに「なぜか急停車」という例は少ないかもしれませんが、お客を乗せようとして、かなり無茶な車線変更や、急停車をするタクシーは何度か見たことがあります。こういう時って、お客の側にも問題があると思えるような例もありました(急カーブの先など、運転手の視野が広がらないところで平気でタクシーを待つ人など)。ということで、ドキリとはしましたが、どんな時でもタクシーが一方的に悪いだなんて思っている訳ではありませんよ、念のため。

 ともかく、「急」がつくかどうかはともかく、タクシーだっていつ停車するかはわからない訳だし、一般の乗用車も、どういう動きをするかはわからない……というくらいの意識でいないといかんのでしょうね、運転する時は。今まで以上に注意をしないといけないと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

コメントに多謝

土曜日のブログ

> ここんところブログの更新をしておりませんでした。楽しみに待っている人っ
> てのがどのくらいいるのか(いないのか、やはり?)、わかりませんが、ご無
> 沙汰しております。

などと書いたところ、何人もの方からコメントをいただきました。

本当は、該当記事のコメントで返礼すべきなんでしょうが、うれしいので?記事にします。
(これでお茶を濁すつもりはありません。が、濁してるかなあ。ちゃんとした記事書かんといかんですよね)

 「拝見しています」という方ばかりで、大変恐れ入ります。こんな風にコメントをたくさんいただくとは、思っていませんでした。楽しみに待つ人がどのくらいいるのか、なんて書いたもんで、無理矢理書いてもらったみたいですよね。いや、すいませんです。

でも、こうやってコメントをいただけるってのも、ありがたいですね。ブロガー(っていうのか?)冥利に尽きるってもんです。ほめられているようで、むずむずしますがうれしいです。あと、初コメントの方も何人かいらっしゃいました。こんな形でまとめてで大変恐縮ですが、今後ともよろしくお願いします。

ここしばらく、ちゃんと更新できないかもしれませんが、(少なくとも今までは)事故った訳でもなく、書く気がなくなった訳でもないです。ただ、ちょっと時間の都合がつきにくいもので。こんな挨拶だけの記事だけではなく、書こうかと思うネタはあるのですが……。今しばらくお待ちください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

ご無沙汰してしまいましたが……

 ここんところブログの更新をしておりませんでした。楽しみに待っている人ってのがどのくらいいるのか(いないのか、やはり?)、わかりませんが、ご無沙汰しております。ちょっと仕事方面が例によってバタバタしておりまして、放置してしまいました。FZS1000のネタはともかく、セロー250については、8月に入ってから1本もアップしていませんね。我ながらびっくりしました。

 ただ、どちらかのバイク(あるいは両方)を乗るのをやめたとか、興味を失ったとかそんな話ではないですよ、もちろん。要するに、FZS1000で行った北海道・東北ツーリングでどんと休んだせいで、その前後に仕事のしわ寄せがいってしまったんですね。だから前後の記事が少なくなってしまった。まだ、余波は多少残っているからという訳でもないのですが、今週末も日帰りツーリングなんぞできるかは微妙なところです(仕事はしないけど、気力的に早起きできるだろうかと)。ただ、こうでもしないと長い休みなんて取れない訳で、後悔もしておりませんが。

 その北海道・東北ツーリングネタでは紹介しきれなかったことも多少はありますので、今更ですが様子を見てそのうちアップしていこうかとは思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

バイクの日

 一昨年の北海道ツーリングのことです。たしか稚内へと向かう途中の出来事でした。前方で警察が検問を実施し、駐車場へとバイクや車を誘導していることに気づきました。そして私にも行くようにとの指示。「スピード違反は、たぶんしてなかったと思うけどなあ」と不安を感じつつ、道路際の駐車場を進んでいくと、ちょっと年をめされたと思われる婦警さんに停められました。そして、な、何と、婦警さんが次にしたこととはっ!

 と、勝手に盛り上げてみましたが、この時にアイスキャンディー(かき氷系のスティック状のアイス。やや死語ですが、この呼び名がふさわしいようなもの)をいただきました。うろ覚えですが、「協力して」みたいなことも言われたと思います。しかも、ホクレンのGSで給油するともらえるような旗までもらいました。その旗には「8月19日はバイクの日」なんてことが書いてあったと思います。確かに、その日は8月19日でした。

 要するに数字のゴロで「819=バイク」なんですね(ちなみに、どうでもいいことですが、俳句の日でもあるらしい)。例年、何かイベントをしているらしいですが、今年もイベントを実施するみたいです。北海道でも、またアイスを配るんでしょうか。ちなみに、一昨年のこの時は、あっという間にアイスの配布は終わっていましたので、もらえたというのは、運が良かったのかもしれません。まさか、警察の方から食べ物をもらえるとは思ってもいなかった。交通事故撲滅のための、まさに「アメとムチ」の一環だったりするのでしょうか。こんなアメなら大歓迎です。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005年8月16日 (火)

仙台で地震

 今日は東北道には仙台宮城インターチェンジから乗ってきました。

 そのためか、終点の川口インターチェンジで券を渡すと、ゲートのおじさんに「地震があったよね」と話しかけられました。ただ、正直に言って全然気づきませんでした。よくおぼえていないんですが、地震発生時は埼玉県か栃木県のどちらかで走行中だったのかもしれません。

 地震にはじめて気づいたのは、道路上にある電光掲示板の表示を見た時です。進行方向の一部区間が「地震通行止」と表示されていました。地震の発生を体感しなかったこともあり、「え、東京で大地震?」と最初は思いました。その後、サービスエリアに停車した後に携帯のニュースサイトにアクセスして事態を把握しました。まあ、電光掲示板に表示されるのは、進行方向の情報ですので、他の地域の情報は出ませんよね。実際は、もっと震源地に近いエリアでも通行止めになっていたようです。こちらの下の方に東北道の話が出ています。

 ちなみに、普段は四輪車に乗ることのありがたみというのは特に感じたことはないのですが、こうした災害時には、四輪車の方がラジオで情報を入手しやすくていいなあと思いました。(まあ、バイクでもゴールドウィングなどであればラジオを聞けますけどね)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第11日

 本日はひたすら高速を走って帰ってきました。

 帰宅したのは午後の2時頃です。今回のツーリングはもう少しで累計4000kmとなるくらい、走りました。そのほとんどは雨知らずということで、天気にも恵まれました。今日は結構降るかもと思っていましたが、途中で小雨に遭ったくらいで、たいしたことはありませんでした。転倒もせず、大きな事故も起こさず、巻き込まれもせず、無事でなによりでした。ホントに。

仙台から帰ってきたということで、地震の話は次のブログでします。

本日の走行距離:376.7km
今回のツーリングの累計走行距離:3920.3km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

3万5000km

 今日、FZS1000の走行距離が3万5000kmを超えました。東北道に乗った直後ではないかと思います。

 あと5000kmで地球一周です。帰宅後にまたバイク屋さんに点検に出さねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第10日

 いよいよ帰らなければならなくなりました。とはいえ、ちょっとくらいは寄り道したい。ということで、今日はまず八甲田山方面を走り回りました。

050815bridge モブログで紹介した画像の城ヶ倉大橋は国道394号線にあります。携帯で撮った画像が暗めなので、デジカメで撮った画像を改めてアップします。これもちょっと暗いですね。ただ、現物はなかなか立派な橋でした。本当はこの橋を渡った後もずんずんと十和田湖方面などへ進みたかったのですが、そうすると時間がなくなりそうだったので断念。八甲田山をぐるりと周回し、再び青森市に戻りました。

 時間がないからと戻ったのに、フェリー乗り場やレインボーブリッジも見たりしていました。要は家に帰りたくない子供みたいなもんですよね。ふと、気がつくと正午をすぎていました。あわてて青森インターチェンジから東北道に乗り、南下を始めました。その後も遅い昼食をとったり、ぐだぐだしていたら(そんなつもりはなかったんですけどね)、どんどん時間が過ぎてしまうことに。結局、本日の宿泊先である仙台に着いたのは夜の7時過ぎでした。

 青森-仙台間といっても個人的にはピンとこないんですが、約350km。川口-仙台とほぼ同じ(むしろちょっと長い)くらいなんですよね。あと、確か東京-名古屋もこのくらいの距離だったと思います。そう考えると、もうちょっと早めに高速に乗るべきでした。ちょっと反省でした。

 明日はいよいよ最終日。高速道路は渋滞しそうなので、明日は寄り道もせず、なるべく早めに出発したいと(少なくとも今のところは)思っています。

本日の走行距離:469.0km
今回のツーリングの累計走行距離:3543.6km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城ケ倉大橋

八甲田山のそばにある橋です。p1000056.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

いよいよ雨

 今日は、いよいよ雨でした。

 以前のブログにも書いた通り、ずっと雨具は使わずに済んだのですが、今日は朝から時々パラパラと雨が降ったりしていました。そして、青森市近くに来て雨がわりと本格的に降り始めました。結局、濡れながらもカッパを着る前に宿に入りましたが、とにかく雨でした。まあ、全国的には大雨だったりした地域も今までにあったようですし、今まで雨と無縁でいられたこと自体がラッキーでした。ただ、このまま「ツーリング無降雨記録」が続くことも期待していたのも確かなので、残念ではあります。

 明日以降は、また快晴に戻ってほしいんですが、明日はちょっと微妙かもしれませんね。うーん。 ちなみに、去年のツーリングでは、青森に着いた次の日に台風が上陸し、豪雨の中で移動するという目にあいました。俺は青森に嫌われているんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第9日

 フェリーが到着したのは秋田です。このまま素直に帰るのではなく、いったん今日は北上することにしました。

050814arrival 秋田に到着したのは、朝の8時前。乗船するときはバイクが先でしたが、降りるのは自動車が先です。暗くてすみませんが、画像はその時のものです。で、そろそろ準備を、と思ったところ、なんとエンジンがかからない。他のバイクが下船していく中でセルスイッチを押すんですが、ともかくエンジンが回らない。もしやとキルスイッチを確認しても、問題なし。なぜ?と一瞬頭が真っ白になりましたが、よく考えると乗船時にローギアにするように指示されていて、そのまんまでした。FZS1000はサイドスタンドを出している状態でローギアに入れると、エンジンが切れるという「親切」設計になっています。だからエンジンがかからなかったんでしょうか。とはいえ、結局は無事に降りることができました。(それが当たり前なんですけどね)


 で、向かったのは青森の竜飛岬。東北道を使うのはつまらないので、日本海側に沿って北上しました。この辺はなかなか来れないところなので、走ってみたかったんですよね。ただ、そうはいっても男鹿半島とか岩木山周辺とか、行きたかったところはパスしました。ちょっと時間が厳しそうだったからですが、またいずれ来たいと思います。(ちょっと今日はタイトでした)

 竜飛岬では青函トンネル関連の展示も見れます。本当はケーブルカーで地下まで潜れるらしいんですが、これも時間がかかりそうだったのでパス。展示を見るだけにとどめました。



050814tappi あと、もう一つ見たかったのがこれです。竜飛岬には階段国道があります。文字通り、階段が国道という変な道です。日本で唯一らしいんですが、観光名所にもなっていて他の人も撮影していました。試しに少し歩いてみましたが、やはり階段でした(これも当たり前ですよね)。




その後、青森に向かいました。今日は青森で泊まります。

本日の走行距離:339.2km
今回のツーリングの累計走行距離:3074.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第8日

 北海道最終日の今日は、帯広からどこに行こうか、ちょっとだけ悩みました。

 候補の一つは、昨日のブログでも書いた富良野・美瑛方面です。ただ、やはりこっちには行きませんでした。去年、一昨年も行きましたので、他のところに行こうと決意。ということで、襟裳岬に行くことにしました。

050813aikoku ついでということで、愛国駅と幸福駅にも行きました。今まで行ったことがなかったのは、正直に言うとまあ他に行きたいところがいろいろあったからですね。でも行ってみてなかなか面白かったです。画像は愛国駅のものです。国鉄時代の機関車も展示されています(線路はこの駅のあたりにちょっとだけしか残っていません)。そのほか、国鉄の頃の資料も展示されていました。幸福駅では当日の日付の「愛国発幸福行き」(逆だったかなあ?)も売っていました(買いませんでしたが)。今でもみんな見に来るんだなあと関心しました(俺も来てますしねえ)。

 今日はちょっと時間をもてあますのではないか。そんな気がしました。これが実は大間違いだったんですが、割とのんびり行きました。モブログで紹介したナウマン象は、襟裳岬へ行く途中の道の駅に併設されていたナウマン象記念館のもの。なかなかインパクトがありました。

050813gold1 襟裳岬に行く時には国道336号線を通ります。ここは通称「黄金道路」。それだけお金を投じたということらしいので、結構すんごい道で、だからこそ走るのに難儀するのではと思いましたが、意外とスムーズに走れました。ここを走っている時は、割と天気が良かったことも幸いしたと思います。画像のように、海沿いをくねくねと走る道ですので、豪雨の中ではあまり走りたくないのは確かです(ちなみに、左下に小さく写っているのがわたしのバイクです)。ここで時間をとられると思っていたのですが、スムーズに走れたことも、油断に拍車をかけました。


050813erimo 襟裳岬に着いた時は快晴でした。地平線が海(「海平線」?)で広がるパノラマの光景というなかなか他では見れない光景も見ることができました。いやー、来て良かったということで、出港地である苫小牧を目指すことにしました。


 で、ふと時計を見ると午後3時。6時くらいには苫小牧に行きたかったので、何とかなるかと思いきや、襟裳岬から苫小牧へと向かう国道235号線は結構混んでいました。意外と時間がかかってしまい、一時は乗り遅れるのではないかと思いましたが、何とか間に合いました。事前にコンビニで買い物する余裕はなかったのですが、早めに搭乗したこともあり、船内では多少余裕がありました。

(13日には結局、船内からネットにアクセスできませんでしたので、このブログは14日にアップしました)

本日の走行距離:294.0km
今回のツーリングの累計走行距離:2735.3km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら北海道2

 今、船上から書き込んでます。

 ツーリング自体はまだもうちょっと続きます(家に帰る+α)が、やはり北海道を離れるのはさびしいですね。今年もえがったですよ、北海道は。次はいつツーリングで来れるんだろうか、とか早くも考え出しています。

 今は出航前なので、携帯の電波が届いているんですが、出港するとたぶん使えなくなります(行きがそうだった)。ということで、やはり今日の話は明日以降書きます。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら北海道

これに乗船しました。
もう少ししたら出発です。
今日の話は後で。p1000054.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナウマン象

近くで見ると、結構迫力があります。p1000050.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福駅

お約束ということで、次はここですな。p1000047.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛国駅

実は初めて来ました。
まずはこちらから。p1000044.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第7日

 今日は北見から帯広に向かいました。

 ルートとして国道39号線から国道273号線へと向かい、三国峠へ。ここを走りたかったんですよね。

 帯広方面から道北へ向かう(あるいはその逆)場合、この三国峠を経由するか、それとも富良野や美瑛方面に行くかという選択肢があります。今回は、行きも帰りも違う道を走りましたが、それはともかく、本当はこの2つのルートのどちらも走りたかったのですが、両方は時間的に難しい。で、どちらにするか考えました。富良野や美瑛には去年行きましたが、いい所です。ただ、8月のこの時期だとちょっと遅いかもしれないと思いました。7月だとラベンダーが見頃だとは思いますが、ちょっと時期が違うかと。さきほどググってみたところ、富良野でまだラベンダーは咲いていたみたいですが、今回は三国峠のルートを選びました。

050812_mikuni モブログでも画像をアップしましたのでちょっと違うアングルの画像をここでは紹介します。ながめのいいところです。またツーリングマップルからの引用ですが、「道内最高所の峠」だそうです。ちなみに、以前のブログで紹介したタウシュベツ橋梁は、三国峠から少し離れたところにあります。ただ、今回は行っていません。まあ、本当はまた行きたかったんですが、ダートは結構大変でしたので。以前のブログで書いた通り、去年はここと釧路で砂利道に突入しました。実は、そのどちらかの時にファンに小石がはさまり、ヒューズが飛びました。その結果、水温が下がらずに警告灯がつくようにくなったりしました。その二の舞ってのは、まあ対処はできるのかもしれませんが、今回は行くのをやめました。

 ということで、別のモブログで紹介した十勝牧場への道(ここも砂利道)も突入はしませんでした。本当はナイタイ高原牧場にも行きたかったんですが、天気がちょっとあやしかったので、断念しました。結局、雨は降りませんでしたので、行ってもよかったかもしれません。

※ちなみに、いよいよ明日で北海道編?は終わりです。ということで明日の晩はブログを更新できないかもしれません。その時は後日アップします。(昼間にネタがあったら、モブログで投稿します)

本日の走行距離:239.7km
今回のツーリングの累計走行距離:2441.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨知らずのツーリング

 他の記事で書き続けている通り、現在、東北・北海道ツーリングを続けております。実は、今回のツーリングでは(個人的に)すごいことが起きています。なんと一度も雨具のお世話になっていないんですね。というか、小雨にすら遭遇していない。今日で7日目ですが、こんなことは初めてです。うまい具合に、行き先で雨が降らないんですよね。今日は、どんよりした雲が広がったこともあったので、ついに雨かと思いましたが、大丈夫でした。

 去年・一昨年も、ほぼ同時期に似たようなルートでツーリングしましたが、過去2回は何度か雨の中を走る羽目に遭遇しました。一昨年は、確か2日目で早くも雨でしたし、北海道上陸後も夜間に雨の中走ったことも確かありました。一方、去年は台風上陸と鉢合わせするという、ありがたくない出来事も体験させていただきました。この話は数日後にでもまた書こうと思っていますが、とにかく過去2回は雨とは無縁ではなかった訳です。

 それに比べると、今年はえらい違い。もちろん、晴れている方がうれしい訳ですが、どうせなら最後まで雨知らずでいきたいところです。天気予報を見ると、ちょっと怪しいんですが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十勝牧場への道

快晴ならよかったんですが。たぶん、先へは進みません。p1000040.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国峠

ここを走りました。p1000037.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第6日

 今日はまず、昨日行けなかったところから行くことにしました。実は、昨日は宿に到着したのが夜になってしまっておりました。そのため、宿の付近で行こうと思っていたのに行けなかった場所を目指した次第です。それがモブログで紹介した2カ所です(ちなみに、モブログの画像は、携帯電話の設定ミスでちょっとピンぼけで、ぼんやりとしてますね。今晩になってから気づきました。お許し下さい。)。

050811_hill まず、クローバーの丘。名前がメルヘンしてます。モブログの記事でも紹介しましたが、ツーリングマップルには「観光地化されていない穴場」とあります。こんなことを書かれたら、見に行きたくなります。で、行ってみました。画像にあるのですが、鐘が一つと、句碑か何かがあるだけ。あとはクッチャロ湖を望む眺望ですね(これが重要)。まあ、いい眺めでした。


050811_road 続いて、少し戻る格好になりますが、エヌサカ原生花園。ここは、以前のブログで紹介した「北海道絶景ロードコレクション」の中で取り上げられており、知りました。この本には「西海岸のサロベツに匹敵する絶景ロード」なんてことが書いてあります。最初にこの本で知った時は、な、何!って感じでしたね(ちょっと誇張してます)。で、ともかく行ってみました。こちらも改めて画像をアップしましたが、たしかに「絶景」です。ここも人工物はほとんど見あたらないようなところを、駆け抜けることができます。こんなところがあったんですね。

 この2カ所(特に後者)は気に入ったものの、またこの辺をうろうろしていると次の目的地に着くのが遅れてしまう。ということで、あとはひたすら走りました。昨日から走っている、道北の太平洋沿岸沿いの道(国道238号線)は、一昨年の北海道ツーリングでも走りました。この時は稚内から一気に網走まで行ったことと、たしか出発が遅れた(そのおかげで、さるふつ公園の道の駅でホタテカレーを食べることができましたが)ということで、かなりしんどかったという印象しか残っていませんでした。しかし、改めて走り直すと結構おもしろかったです。

050811_hotate 本日は北見に泊まります。夜の食事はどうしようかと考えた結果?久しぶりに食べ物ネタです。ツーリングGO!GO!の北海道ムック(これも以前紹介しましたね)を見ると、北見の食べ物として、「北見駅のほたて丼弁当」と回転寿司店の「トリトン」が出ていました。駅の方が近そうだったので、「ほたて丼弁当」を購入。1050円でした。写真がその弁当です。手前がまたちょっとピンぼけですが、ご勘弁を。味はなかなかおいしかったです。

※今日のブログのネタは、よく見ると、みんな本に影響されてますね。わかりやすいというか、単純なヤツですねえ、俺って。改めて痛感しました。何だかなあ。

本日の走行距離:288.9km
今回のツーリングの累計走行距離:2201.5km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エヌサカ原生花園

ここの話は今晩にでも書きます。p1000033.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クッチャロ湖

クローバーの丘という場所から撮りました。ツーリングマップルにも書いてありましたが、ここはなかなかの穴場です。p1000030.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第5日

 今日は稚内周辺をうろうろしていました。

050810_road まずは宗谷岬から宗谷丘陵へと進み、うろうろすることに。工事中の場所もあり、一部通行止めになっていたりしました。で、進んでいると、舗装が途切れて砂利道になっているところがありました。少し入ってみると、どこまでも続いているようです。おそるおそるUターンして戻ると、ちょうど工事のおじさんらしき人たちがいたので、聞いてみました。

「この先ってずっと砂利道ですよね」
「そうだよ」
「今、工事中なんですよね」
「そうだよ。この道だと、稚内まで半分くらいの時間で行けるけどね、すごいよ」
「え、何がすごいんですか?」
「でこぼこなんだよね。馬なら走れるけどね」
「いやー、遠慮します」

 ということで、引き返してきました。去年の北海道ツーリングでダートを走った話は以前書きました。だからやってみよう、とは思えませんでした。ころんだりしたらかなりブルーになりますので。セロー250に乗っていたら突撃するんですけどね。来年以降に来ることができたとしても、きっともう舗装されているんだろうなあ、などと思いました。

050810_toyotomiその後、うろうろしているうちに、豊富温泉に来ました。入浴できるとのことで入りました。油風呂とも言われるだけあって、本当に油くさい。でも、いい風呂でした。バイクに乗っていると、いつも油のお世話にはなっていますし、ツーリングらしいといった感じですね。

その後、オロロンラインをまた走ったりとか、うろうろを続けていたら夕方に。あわてて今日の宿泊地である浜頓別に向かいました。

本日の走行距離:342.6km
今回のツーリングの累計走行距離:1912.5km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宗谷丘陵

岬に行く人は多いですが、こっちまで来る人は少ないですね。とはいえ、去年よりは多いかもしれない。p1000026.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標識にロシア語

稚内です。サハリンへの船便があるからなのでしょうか。p1000022.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第4日

 モブログで2件、記事をアップしましたが、ひまわり2で看板が見える通り、場所は北竜町の「ひまわりの里」というところです。

 この北竜町というところは、ひまわりに力を入れているみたいです。日本語の表現として変かもしれませんが、そうとしか言いようがない。ちなみに、このブログを書くためにググってみたところ、北竜町のホームページを見つけました。見ていただくとわかりますが、もう「ひまわり」一色です。まさに選択と集中。いやー、気合い入っています。これだけ特色を打ち出せるというのは、えらいと思います。もちろん、ホームページだけではありません。町中で看板を見たのですが、町のキャッチフレーズ?が「太陽を味方につけた町」。お天道様が個別の自治体をえこひいきするはずはありませんが、言ったもん勝ちです。

 ひまわりの里は文字通りひまわりがあるだけ(といったら失礼ですか?)ですが、それでもなかなか壮観でした。ちなみに北海道には(少なくとも)もう1カ所ひまわりが見事なところがあります。名寄町のひまわり畑です。ここは昨年行きました。どっちもなかなか見事です。

 ひまわりの話はこのくらいにして、北竜町の後は稚内に向かいました。北海道にツーリングで来た時は、毎回稚内を訪れています。道北が好きだからでもある訳ですが、特にオロロンラインを走りたいからですね。このリンク先を見ると、小樽から伸びているそうですが、北竜から向かったので、留萌の手前くらいから走りました。

 特に良いのが道道106号線。ここは何度走っても(まあ、そんなに何度も来ていませんが)飽きません。どんなところかということで、画像もアップします。

050809_dodo106風力発電のものだと思いますが、風車がずらりと並んでいます。最近は各地にできているんでしょうか。風車って、ツーリングしていると時々見ますよね。でも、これだけ揃っているそばを走り抜けることができるのは、あまり無いように思います。



050809_dodo106b

もうしばらく走っていくと、「左は海、右は野原、中心が直線道路」というところを走り抜けることになります。上の画像のあたりにはまだ電柱もあったりするのですが、このあたりには人工物はありません。去年来た時は海の上に利尻島の利尻山(利尻富士)を見ることができました。今日は少し曇っていたので、ほとんど見えませんでした。それが唯一残念だった点でしょうか。

 明日は稚内は出ますが、もう少し道北をうろうろしようと思っています。

本日の走行距離:244.0km
今回のツーリングの累計走行距離:1569.8km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひまわり2

場所はここです。
p1000019.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひまわり1

見ての通り、ひまわりです。p1000020.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第3日

 いよいよ北海道です。

 「到着しています」のブログの画像は、苫小牧から支笏湖へ向かう国道276号線です。やはり北海道といえば直線道路ですよね。ただ、これまでの経験からすると、北海道に来て数日たつと、ちょっとやそっとの「直線」では感激しなくなるかもしれません。それはそれでもったいないんですが。(この道路はなかなかの直線ぶり?でした)

 今日は、どちらかというと休養日みたいに走行距離は抑えめにするつもりでした。でも、「せっかくなんで」とか考えるといろいろ走りたくなっちゃったんですよね。(フェリーから降りてからしばらくしてトリップメーターをリセットしたので、下の「本日の走行距離」は実際より少し少なめです)

 いやー、いろいろやろうと思っていたことができませんでした。ちなみに、苫小牧→支笏湖→小樽と来て、結局、北竜というところで泊まります。

本日の走行距離:351.6km
今回のツーリングの累計走行距離:1325.6km

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着しています

こんなところも走りました。詳しくはのちほど。p1000016.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第2日

先に「乗船しました」のブログで書きましたが、今回は仙台から北海道へ行くことにしました。それなのに、前日に盛岡まで行ったのは、東北で走りたいところがあったからです。走りたいところはいろいろあるのですが、この日に走ったのは八幡平と田沢湖周辺です。このあたりだと、日帰りで行くという訳にもいかないので、今回行こうと思った次第です。

050807_hachimantai どちらも期待通りで楽しかったですね。少し天気が不安な時もありましたが、結局雨が降ることもなく、快適にツーリングを楽しめました。


軽く走って、さっさとフェリー乗り場に向かおうと思っていたのですが、結局、乗船したのはぎりぎりでした。小岩井農場とかも見てみたかったんですが、我慢して何とか時間に間に合った次第です。

(7日には結局、船内からネットにアクセスできませんでしたので、このブログは8日にアップしました)

本日の走行距離:414.7km
今回のツーリングの累計走行距離:969.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗船しました

モブログから投稿します。仙台から苫小牧へ向かいます。今日の詳細は、後ほど。船からネットにアクセスできなかったら、明日にでも。200508071834.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

FZS1000で行く北海道・東北ツーリング:第1日

 今日からツーリングです。

 出発したのは9時前くらいになってしまいました。うーん、もっと早く出たかったんですけどね。でも、それほどひどい渋滞には巻き込まれませんでした。

本日はひたすら東北道を北上しました。目的地は盛岡。ここまで来る必要はなかったのですが、明日のことを考え、ここまで来ました。ただ、個人的な感覚として、ちょっと遠い。本当はこのくらい気軽に走れた方が行動半径は広がっていいのですが。前日までの疲れもあり、ちょっとくたくたです。

ということで、今日は写真はなしです。しかも、走行距離をメモっておくのを忘れました。(後日直します)

とりあえず、本日の発見?を一つ。盛岡といえば冷麺が有名ですが、「冷風麺」ってご存じですか? 盛岡では冷やし中華のことをこう言うらしい。冷麺のようなものが出るかと思って注文したところ、現物を見て気づきました(今まで知りませんでした)。味はたぶん他の地域で食べるのと同じだと思います。

本日の走行距離:たぶん500kmくらい?(後日書き直します)→554.4kmでした
今回のツーリングの累計走行距離:同上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

甲冑を着たバイク乗り

 北海道にツーリングに行く頃(8月ですね)になると、あるイベントが道内で行われます。これが結構気になるんですよね。

 松前町の松前城下時代まつりです(ここの左側のメニューにリンク先があります)。何が気になるかというと、甲冑を着たライダーがバイクに乗って町内を走る「バイク武者軍団パレード」です。リンク先に過去の様子を撮った写真があります。見てみてください。

 なぜ「時代まつり」なのにバイクなのかとか、甲冑に何の意味があるのかとか、そんなことをいちいち気にするのは野暮ってものでしょう。侍もバイクも日本を代表するものだから、と言ったら何も知らない外人さんなら納得してくれますでしょうか。まあ、それはともかく、希望者は参加でき、しかも甲冑を貸してくれるらしい(バイクで来ることが条件)。今年の予定はまだ発表されていませんが、行進に参加できなくても、見るだけだとしても面白そうな気がする。

 ということで興味は大いにあるのですが、まだ一度も行ったことはありません。残念ながら今回のツーリングでも行けないと思います。ちょっと日程的にタイミングが合わないのと、道南に行く予定が今回は無いからです。次回以降に持ち越しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »