« ノートPCが呪われている? | トップページ | 梅雨明け »

2005年7月18日 (月)

長野・山梨ツーリング

 最初は、日別に分けて書こうかとも思いましたが、まとめてアップします。(2日目は「続きを読む」をクリックして見てください)

■1日目:自宅→諏訪
 一口で長野と言ってもエリアがとても広いのですが、目的地は諏訪です。セロー250で高速道路をどれだけ走れるのか(走っていて嫌にならないか)が分からなかったので、ひとまず「日帰りで行くにはつらいけど、泊まりで行くならそう遠くない」くらいの場所として選んでみました。

 実は、この日はトラブル続きでした。ノートPCの話は前回のブログで書きましたが、その他にもいろいろありました。

 まず、中央高速の通行券を紛失してしまいました。これはおそらく自分が悪いんですが、SAで休憩した時におそらくなくしたんだと思います。高速道路を降りるときに、手続き上書類を書く必要がありましたが、ちょっと落ち込みました。さらに、たぶん通行券と同時にだと思うのですが、メモ帳も紛失。GSで給油するまでの移動距離だとか、いろいろメモっていました。無いと困るというほどのものではないですが、さらにへこみました。

 それに追い打ちをかけたのが、天気ですね。高速道路を降りたあたりで、雨が降り始めました。セロー250で来たってことはダートを走りたいからなんですが、雨の山を走るなんてことはしたくない。どうしようか、と思っていたら雨が止みました。そこで、ちょっと走ってみました。

050716_1 写真はその時、撮ったものです。少し雨が降った後なので、路面は本当に少しだけですが、ぬかるんでいました。だからといって走るのが難しいというほどではありませんでしたが、こうした泥系というか土系のダート(っていうんですかね)は初めてですので、まあ面白かったです。

 その後、道が分岐するところまで進みました。さらにずんずん進む気でいたのですが、ちょうどそのころにまた雨が降り始めました。これは仕方がない、とこの日は走るのをあきらめて、宿に入りました。ただ、その後は雨は止んでしまいました。天気が良ければもう少しうろうろしたのですが、残念です。

 

■2日目:諏訪→甲斐
 
翌日は高速道路を使わず、主に国道20号線を走りました。なかなか走っていて気持ちのいい道です。長野県から山梨県に入ってからも、快適でした。

050717_hakusyuu 途中、寄り道をしてサントリーの白州蒸留所へ。リンクを貼ったサイトを見ると、いろいろツアーなどもあるようですが、主にウイスキー博物館をさっと見ただけでした。ウイスキーそのものの歴史の展示などもあり、面白かったです。特に印象的だったのは2つ。昔のサントリーのテレビCMが見れたのが良かったこと。そして、サントリーが国産ウイスキーを発売した時の新聞のキャッチコピー。「断じて舶来を要せず」。迫力と意気込みを感じます。サントリーらしいというか、この会社のDNAの原点を見た思いがします。




050717_2 続いて、国道20号線を進み、その後は林道に入りました。前日の土系ダートとは異なり、砂利系・小石系の道でした。路面の舗装が部分的に結構進んでいたので、いずれ完全舗装されるのかもしれません。ただ、小石がゴロゴロしているところもありました。左の写真は途中で撮影したもの。ダートというと、これまでは木々の中を進むという感じのものが多かったのですが、ここは見晴らしが良かったので撮りました。




050717_dragonfly ちなみに、その後、とんぼを目撃しました。とんぼを見たのは今年初めて。夏だってまだだってのに、早くもとんぼ?ということで、これも撮影。だから何だと言われると困るのですが、早いですね。



その後、2日目の宿に入りました。3日目はひたすら中央道を走って帰ってきました。3日間の走行距離は以下の通りでした。

  • 1日目:217.0km
  • 2日目:128.9km
  • 3日目:142.4km

合計すると、488.3km。距離自体はたいして伸びていないですね。1日目はへこむことがいろいろありましたが、2日目はいろいろ面白かったです。今回行けなかったり、行かなかったところでも、いろいろ見所はまだありそうなので、いずれまたこの辺には来てみたいと思いました。

 

 

|

« ノートPCが呪われている? | トップページ | 梅雨明け »

コメント

お疲れ様でした。トラブル続きで大変でしたね。でもご無事でなによりでした。
蒸留所のHP見てたら飲みたくなってきました。
関東だと長野が近くてよいですね。僕は関西なのでお手軽には行けそうにありませんが、ビーナスラインという所に、いってみたいです。
ところで、今回は高速道路を何時間くらい連続で走行されたのでしょうか?

投稿: ケソまる | 2005年7月21日 (木) 02時09分

こんにちは。

関西でサントリーだと、まさに酒の名前にもなっていますが、山崎蒸留所なんてのがありますよね。ちなみに、白州では受付通過時に明らかにバイク乗りって格好だったので、赤いシールを胸に貼るように言われました。「お酒飲んじゃダメ」という意味です。

関西から長野っていうとちょっと遠いんでしょうか。でも、その一方で岐阜方面とか紀伊半島なんてのも、関西からだとそこそこ近いイメージがあります。そのあたりだと、こっちから行くのはやはりお手軽ではないです。
まあ、仕方がないんですが。

高速道路ですが、走っていたのはまあ3~4時間でしょうか。途中のSAで何度か(バイクも私も)ちょっとだらだらと休んでいました。

投稿: SHIIBA | 2005年7月22日 (金) 00時09分

なるほど。SAで休めば問題ないですよね。
のんびり行くのが一番安全な気がします。
ありがとうございました。

投稿: ケソまる | 2005年7月29日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101805/5024801

この記事へのトラックバック一覧です: 長野・山梨ツーリング:

« ノートPCが呪われている? | トップページ | 梅雨明け »