« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

記事の順番

 今、「6月の人気記事ランキング」という記事をアップしたんですが、冒頭に記事が表示されませんでした。更新されていないのか、と思ったら、2番目に表示されていました。

 実は、このネタは書いている途中でいったん保存していたのですが、その後で別の記事(「2人乗り特区」の詳細)を書いて先にアップしていました。で、ココログでは記事の保存順(作成した日付順)に記事が並ぶんでしょうか……と最初は思いましたが、「6月の…」の日付を見ると、昨日になっている。あれ、と思い、管理画面の日付を見ると、記事を書き始めた時の日時になっていました。これが原因だったんですね。今日に日付を変えたところ、並べたい順番(公開順)になりました。なるほど、こうすれば良かったのか、と納得しました。(今はこの順番に直してあります)

 まあ、これはシステム的には「当たり前」の話なのかもしれませんが、このほかにもいろいろシステム上の癖みたいなものがあるようです。その辺を把握した上で、上手に使えればいいなあとは思っています。

 ちなみに、「6月の…」ではカテゴリーを「バイク」だけにしてあります。ですので、FZS1000やセロー250のブログしか見ない人には記事がアップしたことがわかりにくかったかもしれません。もしよろしければ試しに見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の人気記事ランキング

 大げさなタイトルにしてしまいました。要するに、最近書いたものの中でアクセス数が多かったものが何なのか、調べてみた訳です。

 ココログでは、管理画面上で(簡易的な)アクセス解析ができるようになっています。その中で、記事ごとのアクセス数をランキングする機能があります。「今日」とか「今週」などの期間を指定して集計ができるのですが、あえて問題点を挙げるとすると、個別の記事へのアクセスの状況が数ではなく全体に占める比率(%)でしか出せません。ここまでしてくれるのなら、実数が知りたいところです。しかも、パーセントで表示した数字は小数点以下はなし(2%とか3%と表示)という状態なので、「0%」の記事もランキングで表示されたりします。

 まあ、そういう制約はあるのですが、%表示をもとに実際のアクセス数を推計して、ランキングを作ってみました。毎日こうしたデータは記録しておくのは正直しんどいので、1週間単位でデータを記録しております。それをもとに6月のランキングをまとめた次第です。

 1週間単位でデータを取っていますので、6月1日を含む週を6月第1週とみなして計算しました。そのため、ここで言う6月とは5月30日(月)~6月26日(日)までとなります。先ほど書いた通り、「0%」のアクセス数というのもデータとしてはあるのですが、実数に変換できない(0になる)ため、どれだけ正確なのか今ひとつ分かりませんが、よろしければ参考までに見てやってください。

 集計してから公表するまでちょっと間が開いてしまいましたが、結果は次の通りです。

続きを読む "6月の人気記事ランキング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

「2人乗り特区」の詳細

 昨日書いた「逗子市の原付バイク2人乗り特区を申請」という話ですが、詳細が昨日紹介したのとは別の記事に出ていました。

 この記事によると、2人乗りを認める条件として

  • シートを2人乗り用に改造する
  • 時速30キロのリミッターを取り付ける

ことが必要なんだそうです。シートの改造はともかく、たしかにリミッターをつけた方がいざという時に危ないですよね。

 また、さらに別の記事によると、地元の警察には事前に何も相談していなかったようです。理屈の上では別に相談しなくてもいいのかもしれませんが、しておいた方がよかったのでは。仮に原付2人乗りが認められるようになったとしたら、運用面では協力を仰がないといけないんでしょうから。いろいろ見ていると、ちょっと稚拙な感じがしてきました。うまくいくんだろうか。

 ちなみに、これだけいろいろ記事になっているんですが、このブログを書いている時点(29日の朝)では、まだ逗子市のホームページにこの件は何も紹介されていないようです(少なくとも俺には見つけられなかった)。まあ、この辺がまさにお役所仕事というか、後手に回っていますよね。今時の民間企業だったら、この手の事件や出来事があった時は、プレスリリースだけでもさっさとWebに出して自社の主張を訴えるはずなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

2人乗り特区と暴走族

 神奈川県逗子市が原付バイクの2人乗りを認めて欲しいと内閣府に申請したんだそうです(出典はこちら)。

 原付バイクには、排気量以外にもいろいろ制約があります。高速道路は走れない(OKなのは確か126cc以上でしたよね)、制限速度は30km、2段階右折が必要(な交差点もある)、そして2人乗りもできない……。えっと、他にもまだ何かありましたでしょうか?

 原付バイクが高速道路を走れないことに異論があるって人はそういないと思いますが、それ以外の規制については「(TPOにもよりますが)本当に必要なの?」という意見もあるようです。2人乗りができないってのも、確かになぜなんだろうと思います。まあ、原付二輪は小さい車体のものが多いからなんでしょうか(因果関係はもしかしたら逆で、2人乗りする必要がないから車体が小さいのかも)。危なくないということが前提でしょうが、特区扱いだとしても、試しに2人乗りを認めてあげてもいいように思いますが、どうなんでしょう。

 ちなみに、出典の記事には警察のコメントとして「(原付バイクの2人乗りを認めると)暴走族を喜ばせるだけでは」などというコメントが出ています。もしかすると、こういうコメントを書いた記者(または新聞社)の視点かもしれませんが、「バイク=暴走族」という見方を未だにしているようにも読めるのが気になります(俺の気のせい?)。あまり暴走族を間近で見たことはないのですが、いまどきの暴走族は原付なんて乗るんでしょうか。

 余談ですが、「暴走族」という呼び名がかっこよすぎるので「珍走団」と呼ぼうという運動?があります。ご存じの方も多いと思いますが、こちらです。いろいろ考える人がいるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

那須・会津高原へツーリング

 日曜日はFZS1000で日帰りのツーリングに行きました。

 前回のブログに書いた通り、セロー250の慣らし運転も終わったので、セローで行ってもよかったのですが、FZS1000は最近あまり長距離を走っていなかったので、こっちにしました。

 で、目的地はというと、那須方面に決めました。今までもいろんな場所に日帰りツーリングに出かけてますが、那須は今回が初めて。特に避けていた訳ではなく、たまたまです。

 行きは、東北道をひたすら北上する訳ですが、ひさびさにFZS1000で高速を走ると、これが楽しい。最近でも首都高を多少走ったりしていましたが、ツーリングでひたすら走るのとはちょっと違うんですよね。そんなに無茶な運転はしていません(というより、できない)が、それでも楽しかったです。

 で、調子に乗って走った結果、那須ではなく白河ICで降りることに。本当はもっと走っていたかったのですが、そうすると高速道路を行って帰るだけでほとんど終わりそうな気がしたので、白河で降りることにしました。

 その後、うろうろ走りつつ、ツーリングマップルを見ると、国道121号線のそばに「塔のへつり」というのがあるとのこと。ツーリングマップルには「大川に浸食されて出来た岩の回廊。ぜひ立ち寄りを」なんて書いてあります。「へつり」というものが(あるのだとしたら)どんなものか、見てみたくなりました。それに、「ぜひ」などと書いてあると行きたくなりますよね。行ってみました。

050626hetsuri1 特に根拠もなく、行く前には「もしかすると、ここは隠れた名所なのではないか」などと思っていましたが、結構にぎわっていました。まあ、俺のように考えて来る人も多いのかどうか分かりませんが、自動車で来る人ばかりでなく、観光バスも何台か来ていました。左のような看板もありますし、人気のある観光地なのでしょう。ちなみに、「へつり」の意味は、帰ってからググってみました。「川に沿った断崖や急斜面」や「危険な崖」を意味する方言なんだそうです。


050626hetsuri2 アップした写真ではよくわからないかもしれませんが、上の方の岩の形が見事というか、きれいに整形されています。自然の力でこうした形ができあがるというのも不思議です。写真に人がたくさん写っているのですが、遠くからながめるだけでなく、実際に歩いて近くから見ることができます。ただ、今回はライディングシューズを履いていたので、歩いていくのはやめました。この手の靴は指先が少し反り返っているので、普通に歩き続けるのは、ちょっと苦手です。それでも歩くこともあるのですが、結構人が多かったので行く気がちょっとなくなり、やめました。


 その後、さらにうろうろした後で、帰りは西那須野塩原ICから東北道に乗り、帰ってきました。行きは調子に乗って白河まで行ってしまいましたが、もう少し手前で降りていれば、もっと周辺を走れただろうかとも思いました。そんなツーリングはまた日を改めて行いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

慣らし運転終了

 前回のブログで走行距離1000km時点のメーターの画像を最後に紹介しました。そうですね。タイトルの通り、慣らし運転が終了です。いやー、時間がかかりました。ちょっとバイクに長時間乗れない日々が続きましたので、ツーリングとか行けなかったのが痛かった。もちろん、仕事でも何でもないので、いつまでに慣らし運転を終わらせないといかん、という話ではないのですが、もう少し早く終わらせたかったというのが正直な気持ちです。最近は週に1回くらいは、せめて数十kmくらいは乗るようにしていましたが、逆に言うとその程度しか走っていなかったので、1000km突破に時間がかかりました。

 そもそもセロー250をなぜ買ったかというと、理由の一つはやはりダートとかを走破してみたかったからです。ただ、東京およびその近隣の県には(自由に走れる)未舗装の道なんてそう残っていないみたいですね。

 今までご紹介した通り、秩父(ちなみに、前回のブログでもリンクを貼りましたが、この時に加えてこの時と2回行きましたですね)とか八王子に行きましたが、本当はもっと遠くに行きたかった。一方、下だけを走るとどうしても時間を取られるので、秩父や八王子という近場を目的地にしたとしても、結局は滞在時間が限られてしまうことにもなる。これもなんかもったいないというか、悔しかったですね。

 しかし、ようやく慣らし運転が終了した訳です。点検にも出しましたし(特に異常なし。 まあ今時の日本製バイクなら当然ですよね)、これで晴れて高速道路解禁とします。行動半径が広がる。いや、うれしいです。ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きりのいい走行距離

 秩父への初ツーリングの時に走行距離が100kmになった時のメーターの画像をアップしましたが、その後も何枚か撮っています(暇なヤツだとか思われるんだろうか……)。今回はそういった画像を紹介します。


050424_SEROW_100km





 まずは、その100kmの画像を再掲載します。ちなみに、きりのいい走行距離で撮影するなんてことはFZS1000ではしておりません。セロー250ではとりあえず、100kmの時に撮影したので、その後も思いついた時には撮影している次第です。ハイ。


500km





 続いて、これは500kmの時の画像です。あー、見ればわかりますよね。おそらく、八王子方面にツーリング行った時に撮ったものです。


777km






888km





 次は「ゾロ目シリーズ」。といっても2枚だけです。それぞれ縁起が良さそうだったので?撮りました。777kmの画像は特に強烈にレンズとかが映り込んでおります。意外と撮り方が難しいんだと痛感しました。一方、888kmの時は夜になってしまい、ちょっと暗いですね。すみませんです。


1000km

 



 そして、1000kmです。おっ! ということは……。この話は次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

梅雨?

 バイクに乗ると、ヘルメットをかぶったりウェアを着たりするとはいえ、結局は己の体をさらしながら運転せざるを得ません。ということで、季節の変化だとか天候についてはどうしても気になります。このブログでも何度か天気ものは書いておりますが、まあどれも最近のことなので、梅雨がらみの話ばかりです。

 今日も少し走りました(ツーリングじゃないですけど、その話は次のブログ以降で)が、いやー暑かった。本当に梅雨はどこへ行ったのかという感じです(さすがにまだ梅雨明けはしていないと思いますが)。

 グーグルニュースで梅雨を検索すると、「梅雨どこに」とか「カラ梅雨」とか、そんな記事ばかりです。関東はまだ恵まれているようですが、地域によって水不足が深刻になっているようです。試しに「渇水」で検索すると、全国各地の水不足の現状がよくわかります。

 以前のHikaruさんからいただいたコメントにあった通り、日常生活をすごす上では雨はきちんと降ってくれないと困りますし、バイク乗りとしては走れないのも困りますよね。休日だけ快晴になって、仕事のある日は雨だったりするのが理想なんですが、お天道様のことなのでそううまくはいかないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

東北にも行きたい

 夏に北海道にまたツーリングで行く予定、という話は以前のブログでも少し書きましたが、その後少しづつ準備は進めています。

 ただ、北海道だけでなく、東北にも行こうかと考えています。北海道は大好きなのですが、たぶんそれに劣らないくらい東北も好きなんですよね。過去2回の北海道ツーリングでは実はどちらも(行きか帰りのどちらかで)東北を通過しております。ところが、この過去2回の東北ツーリングでは、きちんとツーリングできたという印象があまり残っていません。きちんとツーリング、ってのも変な言い方ですが、走りたい天気(要は快晴ですな)のもとで、走りたい時に走りたいように走りたいだけ(これは、本当はきりがないのであきらめがつくくらい、ということ)バイクに乗るってことでしょうか。なんか「お腹いっぱい」になれなかったんですよね。まあ、この話は長くなりかねないので、おそらくまた(何回かに分けて?)書こうかとは思っています。

2003aomori 左の写真は、おととしの北海道ツーリングに行く時に撮ったものです。青森まで自走して青森から函館までフェリーで行った時に、東北自動車道の終点地点(料金所で精算した後)で撮りました。自走とはいっても、仙台で一泊したのでたいしたことはありませんが、当時は高速道路ばかりを走るとはいえ、1日に300km以上走れるかどうか不安だった頃です。たしか、それほどの距離を走ったことが当時は無かった。「フェリーに乗り遅れるのではないか」とか不安に思いながら高速道路を走った覚えがあります。で、何とか乗れそうだと時間的にメドが立ち、ホッとしながら料金所を出ると「おつかれさま」の看板が見えた。これがうれしくて写真を撮った次第です。

 一泊したとはいえ、ひたすらバイクに乗って青森まで走るってのは、当時の私にとっては大冒険でした。これでまたバイクやツーリングの面白さに目覚めたんでしょうかね。なかなか達成感はありました。ちなみに、今回はどうやって海を渡ろうかと考えて、この時のように青森からフェリーってのも考えました。ただ、おそらく違うルートで行くことになりそうです。この話も後日、ということで。

なんか「詳しくはまた」ってのが連発ですみません。ちょっといろいろ書きたくなるネタで、書くと長くなりそうなので、ご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

で、肝心の……

 ツーリング系のネタはもうしばらくお待ちください。

 ようやくトンネルも抜けてきた(仕事のこと)のですが、最近行っていないもんで。梅雨なのに、うまい具合に週末は雨が降らないですよね。今年は雨量が少ないんでしょうか。だからこそ、本当はツーリングに行きたかったんですが。今週末はどうなんだろう?

 まあ、ブログの更新が無い時は長い目で見守ってやってください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野バイク街とアキバの違い

 唐突なタイトルですが、このネタで書こうと思ったきっかけはこの記事です。ちょっと前の記事ですが、たまには時事ネタにも挑戦してみようかと。

 文中にもちょっと書いてありますが、表だって警察が動き出す前にいろいろ自主的にチェックしようとする動きなどもあったようです。でも、やめられなかったんですよね、きっと。確かに目立つところ(路上)に陳列していれば、売り上げも多少は上がったのかもしれません。でも、こんな“新聞沙汰”になる前に、何とかならなかったんでしょうか。ちょっと、みっともないですよね。

 で、タイトルの話に戻る?のですが、上野のバイク街もアキバも「専門店街」という意味では同じ性格を持っている街な訳です。でも、はやり具合、あるいは街の活気でいうと明らかに違う。もちろん、パソコンや家電のユーザーの方がバイク乗りより多いですし、買い換え頻度も高いでしょう。でも、違いはそれだけじゃないように思います。

 人によって見方はいろいろだと思うんですが、最大の違いは上野のバイク街が、必ずしもバイク乗りにとっての「ワンストップ・ソリューション」(これって、もう死語かなあ)を提供できる場になっていないってことじゃないでしょうか。アキバに行くと、とりあえずパソコン関連のたいていのことは用が足ります。ソフトも買えれば周辺機器も売っているし、自作したい人向けのパーツショップも多い。あるいは家電関係でも、DVDレコーダーが買えれば、ディスクも売っているし、接続ケーブルもある。いろんな店に様々な選択肢がある訳です。ちょっと探すと、時には意外な商品があったりして、思わず衝動買いしたりもしてしまう。確かにビックカメラやヨドバシカメラにも行きますが、だからといってアキバに行かない訳じゃないですよね。(今度、ヨドバシがアキバに出店しますよね。量販店にとっても魅力がある街ということなんでしょう)

 あと、アキバという街は柔軟に(そして、どん欲に)消費者のニーズに応えようとしています。かつての電気街からパソコン街、そして最近はオタクの街としての要素が濃くなってきました。その是非はともかくとして、この積極さが街の活気を生み、人を集めているんじゃないでしょうか。

 で、上野のバイク街がバイク乗りにとってそういう場所になっているかというと、(少なくとも今は)なりきれていないんじゃないでしょうか(少なくとも私にはそうではありません)。セロー250を買った時も、わざわざ上野で買おうとは思いませんでしたし、ツーリング前に用品類を買っておくような時には、基本的にはナップスとか2りんかんとかライコランドなどに行きます。ただ、だからといって上野のバイク街はどうなってもいいということではなく、むしろ逆です。本当はもっと便利になって欲しい。こんな形で新聞記事になってしまうというのは、とても悲しいことだと思います。

 ちなみに、どうしても路上販売したいなら、事前に販売店が一丸となって区だか都(あるいは警視庁?)と正々堂々と交渉して特別許可をもらうとかすべきなんではないでしょうか。「これが上野のバイク街のやり方で、路上にずらりと陳列するから人が集まるんだ。マナーもきちんと守るから、地域振興のモデルとして認めて欲しい」とか言って。議論もオープンにして、杓子定規な公務員(だとしたら、ですけど)と、公明正大にガンガンやりあえばいい。最近は「○○特区」とか全国各地にできているくらいですから、100%無理とまでは言えないかもしれないじゃないですか。まあ、こんな戯言?は、無責任な部外者だから言えることです。でも仮に頓挫したとしても、その方が警察に指導されて記事にされるよりもカッコいい。PR効果だってあると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月19日 (日)

検索窓を追加

 タイトル通りです。検索窓を追加しました。

 左側の列のバックナンバーと天気予報の間ですね。当初、ココログルの検索窓を作ろうと思っていましたが、(まずは?)グーグルにしました。他のサイトも検索できます。ちなみに、こちらにあったのを使わせて頂きました。ありがとうございます。

 これは便利。またまた、実は自分のためだったりもしますが、よかったら使ってやってください。ちなみに、天気予報とかレーダー雨量とかいろいろ貼っておりますが、どれも人様の作ったものです。助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

北海道!

 去年とおととしの夏は北海道に行きました。今年はどうしようかと思いつつ、実は行く準備をぼちぼち始めております。

 陸続きではない以上、北海道へ行くには海を渡らざるを得ません(会社の先輩は、青函トンネルを自動車で走れると思い込んでいたそうですが……)。問題はどうやって北海道まで移動するか、です。事前にバイクを運んでおいたり、飛行機でバイクを運ぶといった技もありますが、基本はフェリー(で一緒に移動)ですよね。どうやらフェリーの予約というのは、どこも2ヶ月前からスタートするようなのですが、逆算すると8月上旬~中旬の申し込みがもうできる訳です。(実際、すぐに予約する人が多い。結構、予約が埋まるのが早いんですよねえ)

 で、実は申し込みました(入金はまだですが)。おそらくこのまんま行くことになるかと思います、たぶん。

 昨日のブログの続きではないのですが、北海道に行くとしたらセロー250ではなく、今年もFZS1000で行こうかと考えています。夏だったらいくらなんでもセローの慣らし運転は終わっているだろうし、北海道のダートをセロー250で走るなんてのは、そりゃもう楽しいんだろうと容易に想像できます。もし、来年の夏も北海道に行きたくなったとしたら、その時はセロー250で行くかもしれません。でも、FZS1000で北海道をずんずん走りまくるというツーリングを、少なくとも今年はしたいんですよね。

 こんな風に思うってのは、理由はいくつか考えられるんですが、仕事で今身動きがとれないことも影響しているかもしれません。ま、そんな嫌なことは忘れて、いろいろ下調べをしたり、旅行の移動プランとか考えたいなあとは思っています。

 旅行のプランをおぼろげながらでも考えるってのは、それだけでもストレス発散になります。いやー、あれこれ考えるってのは、楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

走りたいココロ

 トンネルを抜けると、そこはまだトンネルでした。

 こういう状態が続くと、バイクに乗りたくなります。しかも、今日のようにバイクに乗れないときに限って天気もいいし。いや、悔しいですね。

 セロー250の慣らしを早く終わらせたいと思って(乗れる時には)セロー250の方を重点的に乗っていたせいか、今はどちらかというとFZS1000の方に乗りたい気持ちの方が強くなっています。FZS1000で高速乗って、ちょっと遠目のツーリングとか行きたくなるんですよね。そういうのは、ゴールデンウィーク以来無いので。日帰りでも全然無問題なんですが、その時間がとれない。今週末もちょっと厳しいかもしれない。うーん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

梅雨

 6月8日のブログで梅雨入りはいつなのか、って話を書きましたが、気象庁の発表を見ると、「10日ごろ」(「ごろ」ってつけるんですよね)に梅雨入りしたそうです。

 今週末もずっと雨かと思ったら、今日はちょっとだけ晴れたりしました。先週はまったくバイクに乗れなかったのですが、今日はセロー250とFZS1000の2台とも乗ることができました。やっぱり楽しいですね。どちらも長距離を走れた訳ではありませんが、とりあえず「ちょっとしたガス抜き」くらいにはなりました。

 話を梅雨に戻すと、関東甲信地方の梅雨明けは、平年だと7月20日ごろだそうです。そんなに続くんですよね。バイク乗りには嫌な季節です。ホントに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

セロー250の燃費

 セロー250には燃料計がありません。燃料計がないバイクなんて、世の中にいくらでもあるんでしょうが、前にも書いた通り、燃料計のないバイクに乗るのは、私は初めてです。

 ですので、セロー250初のツーリング(行き先は、そう秩父ですね)の時には、ガソリンがもう無いんじゃないかとか、走りながら気になりました。その話は以前書きましたが、「ガソリンがあとどのくらい残っているのか」は、今でも走行中に気になるテーマです。

 ということで、ガソリンスタンドで給油をするたびに、(少なくとも今までは)毎回記録をとるようにしています。走行距離と、給油したガソリンの量をメモっている訳です。この2つの数字があるということは、そう、燃費が計算できますね。さっそく、計算してみました。

続きを読む "セロー250の燃費"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

現状報告

 えー、生きています。ブログをやめたつもりもありません。でも身動きとれない日々が続いております。最悪の時期は脱したかもしれませんが。

 とりあえず、今日中(=日が変わるまで)にはせめて1本くらいはなんか書きたいと思っています。こう書くことで、まあ自分を追い込んでみます。別に義務でも何でもないので、ブログを放っておいてもいいんですが、書くこと自体は(まだ?)好きなんです。ただ、その時間がなかなか今はつくれない。そこで、“宣言”してみようかと。お待ち下さい。

 ちなみに、記事は書けないにしても、今週は深夜には自分でこのブログや管理画面には何度かアクセスしておりました。おとといくらいまでは夜11時から翌日の午前1時くらいまでは、なかなかアクセスできなかった。混んでいるなあ、こりゃひどいわと思っていましたが、昨日・今日は割と快適ですね。ニフティがサーバーの増強など通信環境を改善したんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

梅雨入りは?

 マジで忙しいです。更新できてなくて恐縮です。

 それはともかく(いいたことは諸々ありますがここでは何も言いまへん)、もう梅雨入り、のはずですよね。もしかすると今年は遅れているんでしょうか。試しに気象庁の発表を調べると、平年並みなら関東はもう梅雨入りしてもおかしくない時期のようです。ところが、九州地方ですら梅雨入りしていないみたいですね。(そうですよね?)

 ちなみに、私が大型二輪の免許を取るためにせっせと(週末は)教習所に通っていたのは、ちょうどこの時期でした。早く免許が欲しかったので、当然ながら予約のある日は雨が降っていようが実技教習は受けていました。そのとき、気づきましたが、ちょっとだけ運転する程度なら、雨具を着込んで雨の中を走るのも、それなりに楽しいんですよね。雨の中を屋外で遊ぶってのは、子供の時くらいしかしたことがない訳で、なんか子供の頃を思い出します。

 ただ、長時間雨の中を走るのは、やはり気が滅入ります。視界が悪くなりますし、歩行者の飛び出しとかがないかと、普段以上に気も遣う。ワイパーが動くというだけで、自動車のドライバーがうらやましくもなります。季節にもよりますが、冷たい雨だと、体温も奪いますしね。あと、ブレーキのかけ方とかも慎重にしないといけない。

 梅雨入りが遅いってのは、梅雨が明けるのも遅いんでしょうか。明けるのが遅いってのも嫌ですよね。本当は、梅雨入りする前に、せめてもう一乗りしたいんですけど、無理なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

この週末は……

 この土、日は、ここで書きたくないようなこと(要は仕事)のために、ツーリングなぞに行くことはできなくなってしまいました。

 もうそろそろ梅雨入りしそうだし、その前にまだまだ走りたいんですけどね。天気予報を見ると、土曜はともかく日曜は雨は降らない可能性もありそうですが。残念です。FZS1000にも、セロー250にも乗れないのだろうか。

 どこにも行けないとなると、それをネタにブログが書けないという弊害も生まれます。ただ、ブログを書くためにツーリングに行く訳でもないですし(実は、時々混同しそうになります)、まあ仕方がないとあきらめざるを得ないかと。すみませんが、今週末は少なくとも「ツーリングに行きました」ネタに関しては、無しということでご勘弁ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

2台乗り継ぐ時の違和感

 セロー250とFZS1000の2台を1日の間に乗ることがあります。諸般の事情でこういうことは、(バイクに乗れる日には)実は意外とあったりします。セロー250に乗った後で、FZS1000に乗ったり、その逆だったりする訳ですが、そうすると「この2台は違う乗り物なんだなあ」としみじみ感じることがあります。

 そりゃ当たり前ではあるのですが、乗り継いだ直後には必ずといいほど違和感を覚えます。むしろスクーターに乗っていた時の方が、FZS1000との違和感は少なかったと思います。ですので、こうした違和感というのは、むしろこの2台が「近くて遠い」からこそ感じる違いなのかもしれません。

 違和感って何か、というと例えばハンドルバーの握り具合でしょうか。あと、クラッチの握り加減ですね。乗り継いだ後のバイクの半クラッチの感覚を思い出すのに、ちょっと時間が必要なことがあります(その間にエンストさせたりしたこともあります)。あとは、ブレーキのきき具合。セロー250のつもりでFZS1000のフロントブレーキを握ったりすると、効き過ぎたりしてあわてることもあります。こうした点は、乗っている間に感じなくなり、体が適合していきますね。

 あと、セロー250からFZS1000に乗り換えた直後に、「前傾姿勢でバイクに乗っているなあ」と感じることがあります。FZS1000に乗ったことがある人はわかっていただけるかと思いますが、FZS1000はそんなに前傾姿勢を乗り手に強いるバイクではありません。SS系のバイクの方が(たぶん)きついですよね。でも、セロー250の後はそう感じます。これも乗っている間に感じなくなります。

 ということで、乗り換え直後の運転は慎重にせねばと思っています。まさに「慣らし」なんですが、むしろ違和感があることで運転が慎重になるのであれば、まあそれもいいかとは思っています。

 ちなみに、違和感があるからといって、どちらかのバイクが他方より優れているとかどっちを特に気に入っているなどと言いたい訳ではありません。どちらも気に入っていますし、違和感があることも別に不愉快ではありません。今のところ、これはこれでいい経験だと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

AT限定二輪免許

 今日からAT限定の免許が導入されるそうです。ホンダもスクーターの教習車を発売しています。たしかスズキも発売していますよね。

 実は、大型免許を取ろうと思った直接のきっかけは、スクーターに乗りたかったからです。具体的にはTMAXですね。従来のスクーターにない格好良さを感じて、乗りたいと思いました。

 正直に言うと、当時は“マニュアル車”に乗れようが乗れまいがどうでもよかったのですが、それでも免許が欲しかったので、教習所に通いました。すると、CB750の教習車に乗るのが意外と面白かった。だったら、とりあえずスクーターはいいかと思い、結局FZS1000に乗るようになった訳です。当時、AT免許がもしあったら、そちらを選んだかもしれません。

 今でもTMAXは好きです。この春のプレストコーポレーションの試乗会逆輸入車のTMAXを試乗しましたが、いいバイクですよね。改めて気に入りました。ただ、しばらくは普通のバイクでいいかなあとは思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »