« FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第5日 | トップページ | ヤマハからのプレゼント »

2005年5月 5日 (木)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:番外編・まとめ

ツーリングに出ながらブログの記事を書いていましたが、やってみてわかったことが2点ほどあります。

■その1:ブログは重い?

ノートPC持参で出かけ、宿泊先で書き込んでいたのですが、実は持って行こうと思っていたパソコンが起動不能になっていることが前日夜に発覚。セーフモードにしても立ち上がりません。これに取りかかると時間が無くなると思い、売却予定のもう1台(スペックはやや古いが起動する)を持って行きました。

それで分かったのですが、ブログの管理画面へのアクセスにはそれなりの環境が必要だということ。持参したノートPCのスペックがしょぼい(特にOSがWindows XPなのにメモリーは256MBしかない)ことに加え、LAN環境のない宿ではFOMAでアクセスしていたため、環境の貧弱さを痛感しまくりでした。下書きの段階で保存しながら何度も手を加えていたりすると、ブラウザーの画面がフリーズしてしまい、数回やり直したことがありました。1泊だけ通信環境の良い宿(ADSL?)でアクセスしたのですが、特にその時は問題なく更新できました。当初持って行くはずだったパソコンでアクセスしたら、また違っていたのかもしれませんが、ブロードバンドのありがたみも改めて知りました。

■その2:出先での書き込みはしんどい&おもろい

ツーリングしたその日の晩に記事を書くってのは、正直しんどいです。特に疲れている時は。風呂入って、ビールをぐびっと飲んでさっさと寝たいっ、と何度思ったことか。

特に初日の記事は何をどう書いていいかについても、悩みました。「それでネタがソフトクリームかい!」とつっこまれそうですが、まあ許してください。1日目のブログを書いてわかったのは、いろいろ書いていくと長くなるんですよね、ということ。そこで、2日目以降はなるべく短めにしようと努めました。でも、まだ長いかもしれませんが。

書き続けるのは大変といえば大変だったんですが、翌日以降になると忘れてしまうことも多い。印象が鮮明なうちに書いちまった方が、楽な部分もありますし、後で見ることを考えると、その方が面白いものができあがるんですよね。ですので、基本的には今度どこかへ行くときにも同様にブログを書いていきたいとは思っています。

|

« FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第5日 | トップページ | ヤマハからのプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101805/3996568

この記事へのトラックバック一覧です: FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:番外編・まとめ:

« FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第5日 | トップページ | ヤマハからのプレゼント »