« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

FZS1000でダートを走る

 ここしばらくFZS1000のブログを書いておりませんでした。前回書いたのは、5月18日付の「ライダー丼」。ネタの内容も何ですが、ご無沙汰ですねえ。(前にも書きましたが)さっさとセロー250の慣らし運転を終わらせたいので、意識的にセロー250の方に乗っており、FZS1000に乗る時間は減っています、最近は。

 ただ、FZS1000にまったく乗っていないかというとそうでもなく、少しは乗るようにしてます。街中を走る程度ですが。そんな乗り方をしているとブログのネタにするほどの出来事にはなかなか遭遇しません。

 ということで?、“昔話”を1つ書こうかと思います。先週土曜日のブログでセロー250でダートをちょっとだけ走った話を書きました。FZS1000でもダートを走ってしまったことがあります。2回あるのですが、どちらも昨年の北海道ツーリングの出来事でした。

続きを読む "FZS1000でダートを走る"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

ヤマハHPにユーザーインプレ登場

 もうご存じの方も多いかもしれないのですが、ヤマハ発動機のセロー250の紹介ページに、ユーザーのインプレが登場していますね。(同社の「バイク・スクーター」のトップページの「最新情報」欄を見ると、23日にアップされていたようです。私は今日知りました。)

 旧セローに乗っていた人が新セローをどう評価するか、というのがこの企画の趣旨のようです。まず、一人目としてフレンチのオーナーシェフによる「旧セローから乗り換えても違和感がない」といったコメントを掲載しています。

 これを見て、印象的だったのは、この人が唯一不満点として挙げていたところでした。旧セローと比べてなのでしょうが、「スーパーローが無いのが残念」なんだそうです。(ちなみに、「パワーアップされたエンジンをうまく使えば、スーパーロー(がないこと)を補える」とのこと。)

 旧セローは乗ったことがないのですが、セロー250の1速は結構粘る感じがしていました。時速10kmを切るかどうかくらいのスピードでも、クラッチを切る必要がありません(ここで調子に乗ってさらにクラッチを握らずにスピードを落とすと、エンストします。ハイ。)逆に、時速20kmあたりを超えるとエンジンがうなり出すので、慣らし運転中の身としては、すぐに2速にあわてて変えるくらいですが。で、この1速の感じが「セローらしさ」なのかなあ、と勝手に考えておりました。旧セローはもっとすごかったということなんでしょうかねえ。それとも違う意味なんだろうか。俺は何も知らんということが、こういうところで露呈してしまうのですが、ちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レーダー雨量」を追加

 ほどほどにしようと思っていながらも、またまた機能追加です。

  国土交通省のレーダ雨量情報システムのデータをもとに生成されているんだそうです。出所はこちらです。

 既に天気予報のティッカーは加えていましたが、「天気系」第2弾です。これも正直に言うと、自分向けだったりもします。ツーリングの際には、天気情報がわかると便利ですよね。もちろん、ここにアクセスする皆様に少しでも参考にしてもらえれば、うれしかったりします。

 このブログにさらに機能を追加するとしたら、あとは検索系でしょうか。本当にそろそろいい加減にしないと、ごちゃごちゃして重くなってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

また秩父へツーリング

 セロー250で、また秩父方面にツーリングに行ってきました。

 過去のブログを読んで頂いた方は、「またかよ」とお思いでしょうが、これはネタに困った苦肉の策などではありません。確かに芸がなくて恐縮なのですが、前回の秩父ツーリング(セローでの初ツーリング)のブログでも書きました通り、秩父にはよく行きます。まあ、普段ならもう少し期間をおいて行きますが。何度も行くくらいなので、もともと秩父は好きなんですよね。

 あと、以前も書きましたが、慣らし運転が終わるまでは高速道路に乗るのはひとまず自粛しておりまして、そうなると行ける範囲も限られる。街中をだらだら走っていても、距離は増えないし、そもそも楽しくない。ということで、秩父なのです。(あと、今週後半はちょっと忙しかったので、少し寝坊してしまいました。それで、今朝出発するのがやや遅くなったことも、どちらかといえば行きやすい場所として秩父を選んだ理由ですかね)。

続きを読む "また秩父へツーリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

オートバイ駐輪場

 このブログを始めるに当たって考えたことがあります。それは「メインのネタとなるバイクとかツーリング以外で、日常生活の話は書かない」ということ。今日はこんなことがあった、あんなことがあったなどということをぐだぐだ書いても、読む側にはどーでもいいことですよね。有名人ならともかく、そうではないんだし。前にも書きましたが、読み手を無視するような内容は(できれば)書きたくないんです。

 というのは、本当に思っていることではありますが、実は同時にここ数日更新していないことに対する言い訳への布石でもあります。要は、ここで書きたくないようなこと(簡単に言うと仕事ですな)のせいで、ばたばたしております。さらに、ここで書きたくないようなこと(同上)のせいで、今週後半はバイクに乗らずに泊まりがけの移動をしております(世の中ではこれを一言で「出張」と呼ぶ)。

hamamatsu  その結果、ブログを「放置プレー」してしまい、どうしたものかと考えていたら、格好の?ネタを見つけました。水曜日は浜松にいたのですが、そこでの1枚です。東京でも最近は少しづつ増え始めているようですが、バイクの駐輪場がありました。出先で合法的にバイクを駐停車できる場所って、特に街中では意外とないですよね。バイクとは縁の深い静岡県だからこそ、こういうものがきちんとあるんでしょうか。


 ちなみに、バイクなら普通、「駐車場」という方が自然な気もしますが、どうなんでしょう。見た目だけをみれば自動車よりも自転車に近いですが、エンジンを積んでその力で前へ進むという点では自動車の方が近いですよね。ここの管理者は前者と考えたから「駐車場」ではなく「駐輪場」としたんでしょうか。まあ、「何となく決めた」とかなんでしょうけどね、実際は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

八王子方面へツーリング

 土曜日にはセロー250で八王子の方へとツーリングに出かけました。昨日のブログにも書いたとおり、オプションも一通り揃ったことだし、試しに行ってみようと思い立った訳です。

050521hachiouji-kisei ただ、期待通りの結果とはなりませんでした。とある林道を目指して進んだのですが、入り口には「通行規制」の案内が。道にはロープが張ってあり、通り抜けできないようになっていました(まあ、バイクなら入れそうなくらいの隙間は空いていましたが)。「規制中」というのは、通ってはいけないってことですよね。じゃあ、仕方がないかと思ったところ……



050521hachiouji-stopこの看板のすぐ下には、「通行止」の看板が朽ち果てた姿で?転がっていました。

ん? ということは「通行規制」は「通行止」とは違うってこと? 規制はあるけど通ってもいいってことかぁ?



なんか行くなと言われると行きたくなるのが人情ですし、本当はこの先へと行きたかったのも事実です。で頭の中で天使と悪魔が戦ったのですが、先に進むのはやめました(人生のこれまでのいろんな局面ですと、悪魔が勝つことも多いんですけどねえ)。素直に考えれば、ロープが張ってある時点で入るな、ってことでしょう。やはり。とはいえ、「通行止」と「通行規制」は何が違うんだろうか。疑問は残りました。

 周辺にある他の林道への入り口も入れないようになっておりまして、林道をずんずん進むツーリングは今回もおあずけでした。ただ、それでも山の中をうろうろできましたので面白かったです。

 いちおう慣らし運転が終了するまではおとなしくしていようと思い、セロー250ではまだ高速道路に乗っていません。でも、高速乗らないと、距離ってそんなに稼げないんですよね。だからといって高速乗るのも変な話ですし。乗る頻度はどうしても少なくなりますので、足を伸ばして林道に突入するのはもう少し先のことになりそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

セロー250のオプションその後(2)

 土曜日は、八王子方面にツーリングに行きました。その時の話は明日にでも書くとして、この時にようやくリアキャリアなどの写真を撮りましたので、ご報告します。(以前書いた(1)で写真をアップすると書きましたので)

続きを読む "セロー250のオプションその後(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

PR活動

このブログは(当然だけど)仕事でしている訳でも何でもなく、自分が好きなこと(バイクだとか、ツーリングとか)について、書くこと自体を楽しもうかと思っています。

だからといって、100%読み手を無視するってこともしたくはないんですよね。どうせなら面白がってもらいたいし、いろんな人に読んで欲しい。嘘をついたり無理に話を作る気もないのですが、読まれないよりは読んでもらった方が、ありがたいし、書いていて励みになります。

と、前置きは長くなりましたが(こういうのが読者不在の文章、ってことなのかなあ。言われる前に軽く自爆してみました)、ならばそれなりにPR活動もしようかと思い、ちょっと前に「にほんブログ村」のバイクブログに登録してみました。試しに登録してみた訳ですが、昨日トラックバックまでいただきました。助役さんに紹介してもらいました。ありがとうございます。

だから、という訳ではないのですが、リンクの画像も貼りました。トラックバックしてくれたから貼った、というようないやらしいタイミングですが、以前から貼ろうとは思っていました。ホントですよ。まあ、忘れないうちに貼っておかねばとは思いましたが。ここには他の人のブログもありますので、ココフラッシュ同様、たどって見ていくと面白いです。

ちなみに、このほかにもMyblog japanにもこのブログは登録しました。こちらもいずれリンク画像を貼りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

ライダー丼

 GWのツーリングで書いてたブログの中で、ライダー丼という料理の話を書きました。

 昨日、別件でぐぐっていたらこのライダー丼が少しだけ話題になっていたことに気づきました。気づくのが遅かったようですが、例えばグーグルで検索すると、食べた人のブログなどがいろいろ出てきます。私の書き込みがどれだけ影響があったのか(まあ、ないでしょうけど)はともかく、目のつけ所は良かったってことでしょうかねえ。

 この手の“バイク乗りにやさしい?サービス”って、北海道なんかだとありがちなイメージですが、特に本州(って範囲もどうかと思いつつ)だとあまり目にしないイメージがありませんか。だからこそ、バイク乗りの琴線をくすぐり、盛り上がったんじゃないかと思います。

 道の駅って、ツーリングの時には休憩したりするのに便利ですよね。だから、バイク乗りを意識した料理を出すレストランなんてのも、各地にある道の駅の中にもっとあっても良いんですかね。まあ、だからといって「ライダー定食」とか「ライダーランチ」なんてのがあっちこっちの道の駅にポンポン登場するってのも、興ざめな気がする。そこは、いろいろ知恵を絞って、バイク乗りを面白がらせて欲しいもんですわ。

※ちなみに、上のリンク先からたどっていけるライダー丼についてのブログなどでは、私同様、料理の写真をアップしている人が何人もいます。でも、みんな料理がきれいに撮れている。いいなあ。俺の画像とはえらい違いです。なかなか料理はうまく撮れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月17日 (火)

セロー250のオプションその後(1)

セローのオプションとしてリアキャリアなどを購入したものの、入荷待ちになっているという話は、以前のブログで書きました。

バイク屋さんから先日連絡があり、入荷したとのこと。ということでつけてもらい、ようやくリアキャリアとアンダーガードが装着できました。

本来ならば、装着した様子を収めた画像を出しながら、あーでもない、こーでもないという話をここですべきなのでしょうが、写真をまだ撮っていません。ちょっとタイミングを逃してしまいましたが、後日、改めてご報告します。(このブログのタイトルに“(1)”とあるのはそのためです。ただ、(2)は今しばらくお待ちください。その間に他のネタを書くことになると思います)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

点検完了

 最近、セロー250の話ばかりで、FZS1000については書いておりませんでした。

  以前のブログでちょろっと書きましたが、GWのツーリングで走行距離が3万kmを超えたので点検に出しておりました。点検も終了し、今は手元に戻っております。特に何も異常はありませんでした。

 ただ、ちょっとしばらくはこいつでツーリングに行けそうにありません。身の回りがあわただしいことと、今はどちらかというとセロー250を走らせる方を優先したい。まだ、慣らし運転が終わっていないんですよね。

 もちろん、FZS1000を乗るのをやめるなんてことはしまへん。まだまだ乗りたいです。

 と、これだけで終わるのも恐縮なので、ネタを。もうご存じの方も多いかもしれませんが、ツーリングGO!GO!北海道版ムック(と言えばよいのかなあ)が出ていたんですね。昨年の北海道ツーリングでは、このムックの前バージョンにお世話になりました。こういうのを見ると、やはりまた今年も行きたくなるんですよね、ホント。しかも、本屋で同時に新潮社の「旅」という雑誌にも目がいってしまった。これがまた特集が礼文島だったりする訳です。道北は好きなんですが、礼文島と利尻島には行ったことがないんです。立ち読みでは済まず、この2冊は結局、本屋で衝動買いしてしまった。

 あー、今年も北海道にツーリングに行きたいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

セロー250購入に至るまで(4):Riding is believing

 結局、DJEBEL250XCを選ばずに、セロー250を買った決め手は何だったのか。前回はこの手前で書くのをやめたので、続けます。

 前回のブログでは、DJEBEL250XCの気に入った点をいろいろ書きました。ただ、どんなTPOでも、あるいは誰にとっても完璧なバイク、なんてものはない訳です(バイクに限らず世の中のたいていのものはそうだと思いますが)。ジェベルについても例えばネットで探しても、良いところばかりでなく、一般に問題点とされるものは、いろいろ見つけることができました。2ちゃんねるであるとか、あるいはユーザーのホームページなんかを探すといろいろ書いてあります。

 真剣に悩んだ分、それこそ耳年増(正しくは目年増?)のように、それはもう本当にいろいろ調べてみました。このバイクを選んだ場合、自分にとって何が良くて何が問題になりそうなのかを考えるべきだと思ったんです。ただ、問題点みたいに言われていることも、実際はどうなのか、あるいは自分が乗った時にそれが本当に問題になるのか、よくわかりませんでした。悩んでもよくわからないんですよね。周辺にDJEBEL250XCのユーザーがいれば「結局、どうなのよ?」と話が聞けたんでしょうが、いませんでしたし。

続きを読む "セロー250購入に至るまで(4):Riding is believing"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

セロー250購入に至るまで(3):そして、DJEBELが残った

前回書いた通り一時は浮気をしたものの、やっぱりオフロードバイクがいいなあと思うようにはなりました。そんなタイミングで、セロー250の発売は決まっていた。3月にはセロー250発売が正式に発表されていましたし、当然気になりました。新製品、って言葉だけでも気になるんですよね。

ただ、だからといってすんなりとセロー250を選ぶ踏ん切りはつけられませんでした。俺の心の中で最後までセロー250と共に購入候補として残ったバイクがありました。それが、DJEBEL250XCだったんです。

続きを読む "セロー250購入に至るまで(3):そして、DJEBELが残った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月12日 (木)

セロー250購入に至るまで(2):伏兵、その名はバリオス

節操のないタイトルですみません。オフロードバイク一筋な人には馬鹿にされるかもしれません。でも、バリオス(またはそのOEMであるGSX250FX)を買おうか、本気で悩んだ時期があったのは事実です。バイク選びの基準は良く言えば先入観無くゼロベースで考える、悪くいうと(あるいは普通に考えると?)節操がないってことですよね……。

ただ、オフロードバイクへの関心は以前よりも高まっておりました。FZS1000でツーリングに行くと、山の中を抜ける国道なんかの脇道で結構そそるダートなんかがある訳です。そんな道を何度も見ていると、行ってみたくもなる。ということで、セカンドバイクとして、オフロード系が欲しくなってきました。(実は、FZS1000で砂利道を突進したこともあります。それはまた別の回で)

続きを読む "セロー250購入に至るまで(2):伏兵、その名はバリオス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

セロー250購入に至るまで(1):始まりは、きっとトリッカー

このブログを見てくれている人は、何を目的にアクセスしてくれているんでしょうか。

以前の私のようにセロー250を購入しようか悩んでいて、あれこれ情報収集したいから、という人も多いんじゃないかと思います。「ガルル」6月号で特集が組まれたりしてますが、新セローの情報はまだそう多くはないですよね。

ただ、メカ系の話とか旧セローとの違い(旧セローは乗ったことがない)を期待されている方(がいるとして。いるの?)には申し訳ありませんが、その手の話はちょっと自分には無理。で、もし俺が書けるものがあるとすると、「なぜセロー250を買ったか、選んだか」という話ではないかと思いました。前にも少し書きましたが、購入までは結構悩みました(それはそれで楽しかったのは事実ですが)。他のバイクにもかなり目移りしまくってました。その中でなぜこいつを選ぶに至ったのか、選択肢となった(そして今回は選ばなかった)他機種の話を交えながら何回かに分けて書きたいと思います。

続きを読む "セロー250購入に至るまで(1):始まりは、きっとトリッカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

「天気予報」を追加

先日の「ココフラッシュ:バイク」のスクリプトに続き、「天気予報」も貼り付けてみました。

週末にツーリングに行こうかどうしようかと考える際には、天気は気になるもの。ということで、実は自分のためでもあったりします。

調べてみると、こういったティッカーはいろいろありますね。他にも貼り付けたいのはあるのですが、やりすぎてごちゃごちゃしてもダメかと。手間とのかねあいでもありますが、ほどほどにはしようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 7日 (土)

セロー250のオプション

セロー250の購入時にワイズギアのオプションもあわせて買いました。

具体的に何かというと

  • ハンドルガード
  • リアキャリア
  • アルミアンダーガード

の3点です。(そのうち何か別のをつけるかもしれませんが、とりあえずこれだけ)

tms_ysgear-002a このうち、本体を購入した時に装着できたのはハンドルガードだけ。残りの2点は(まだ)取り寄せ中です。これらはワイズギアのサイトを見ても、“(4月発売予定)”なんていう注釈がついています。東京モーターサイクルショーのワイズギアのブースで諸々のオプションをつけていたSEROW250(左上の写真)を展示していましたが、その時ブースにいた人に「リアキャリアなんかはもう買えるんですか」と聞いたら4月の下旬くらいには、というような返事を聞いた憶えがあります(ちなみに、モーターサイクルショーの頃はまだセロー250の購入前でした。どの機種を買うかどうか踏ん切りはついていませんでしたが結局、このイベントに行ったことで新セロー購入に踏ん切れたところはあると思います。その辺の話はまた改めて、ということで)。

話を本題に戻して、現在装着しているハンドルガードのことを書きたいと思います。

050507_handleguard_1a ワイズギアのサイトを見ると分かるのですが、セロー250のオプションとしてのハンドルガードというのを、ワイズギアは何種類も用意しています。何で、という気もするのですが、私が購入したのは、実は一番立派なヤツです。サイトには「ヘビーデューティ仕様の本格派」なんて書いてあります。オフロード系のバイクはセロー250が初めてという私にとっては、これは無用の長物になりかねないものでして、まあ、勢いで買ってしまったってのが正直なところです(もっと安いのでも良かったんじゃないかとか、本当はこういうところで冷静にならにゃいかんのですが)。このハンドルガードは納車の段階で初めて実物(上の写真)をこの目で見たのですが、結構ごつい感じはしました。ただ、これがあることで(自分の頭の中のイメージとして)オフロードバイクらしいというか、ある種の(いい意味での)迫力を感じます。第一印象は正直「もしかして無駄にデカい?」と思いましたが、今ではこれでいいかと思っています。どちらかというと(私にとっては)「柔」のイメージを感じさせるセロー250で、こうした「剛」のパーツがあるというアンバランスさが個人的には気に入っています。

ちなみに、秩父へのツーリングで給油した時には、ガソリンスタンドのあんちゃんに「このハンドルガードは純正っすか? かっこいいっすねえ」などと言われました。お世辞かどうかは知りませんが、そう言われれば、やはりうれいしいものです。

残りの2つのオプションのうち、特にリアキャリアは早く来て欲しいと思っています。セロー250は街乗りでも利用するので、積載能力は高い方がありがたい。ツーリングの時にも何かと役に立つはずなんですけどね。GW明けにでも来ないもんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

ヤマハからのプレゼント

ツーリングに行っていた間に、宅配便が届いていました。

何かと思ったら、セロー250を購入したことでヤマハ発動機からのプレゼントです。SEROW250発売記念キャンペーンで、オリジナルウェストバッグをもらいました。
こちらですね。

実はこれが欲しくってセロー250を買ったという訳でもないですが、あればもちろん便利。使わせて頂きます。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:番外編・まとめ

ツーリングに出ながらブログの記事を書いていましたが、やってみてわかったことが2点ほどあります。

■その1:ブログは重い?

ノートPC持参で出かけ、宿泊先で書き込んでいたのですが、実は持って行こうと思っていたパソコンが起動不能になっていることが前日夜に発覚。セーフモードにしても立ち上がりません。これに取りかかると時間が無くなると思い、売却予定のもう1台(スペックはやや古いが起動する)を持って行きました。

それで分かったのですが、ブログの管理画面へのアクセスにはそれなりの環境が必要だということ。持参したノートPCのスペックがしょぼい(特にOSがWindows XPなのにメモリーは256MBしかない)ことに加え、LAN環境のない宿ではFOMAでアクセスしていたため、環境の貧弱さを痛感しまくりでした。下書きの段階で保存しながら何度も手を加えていたりすると、ブラウザーの画面がフリーズしてしまい、数回やり直したことがありました。1泊だけ通信環境の良い宿(ADSL?)でアクセスしたのですが、特にその時は問題なく更新できました。当初持って行くはずだったパソコンでアクセスしたら、また違っていたのかもしれませんが、ブロードバンドのありがたみも改めて知りました。

■その2:出先での書き込みはしんどい&おもろい

ツーリングしたその日の晩に記事を書くってのは、正直しんどいです。特に疲れている時は。風呂入って、ビールをぐびっと飲んでさっさと寝たいっ、と何度思ったことか。

特に初日の記事は何をどう書いていいかについても、悩みました。「それでネタがソフトクリームかい!」とつっこまれそうですが、まあ許してください。1日目のブログを書いてわかったのは、いろいろ書いていくと長くなるんですよね、ということ。そこで、2日目以降はなるべく短めにしようと努めました。でも、まだ長いかもしれませんが。

書き続けるのは大変といえば大変だったんですが、翌日以降になると忘れてしまうことも多い。印象が鮮明なうちに書いちまった方が、楽な部分もありますし、後で見ることを考えると、その方が面白いものができあがるんですよね。ですので、基本的には今度どこかへ行くときにも同様にブログを書いていきたいとは思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第5日

今日は帰宅のため、ひたすら高速道路を走ってきました。

行きは中央道だったので、帰りは東名を利用。帰省ラッシュで渋滞が起きるのではないかと心配でしたが、まあそれほどひどくはありませんでした。早めに出たことも幸いしたようです(こっちには、午後3時頃までには戻っておりました)。

ちなみに、富士川SAで少し早めの昼食をとり、バイクの駐車場の前のベンチで座ってぼーっとしていたところ、男の子とその父親らしき人がバイクの駐車場の近くに来ました。他のバイクも見ながら男の子が私のFZS1000を見て一言。「このバイク、ウルトラマンみたい」。FZS1000については「猫目」とか「昆虫みたい」といった例えは聞いたことはありましたが、ウルトラマンとは……。一方、セロー250は「アニメ顔」とか言われることもあるようですが、キャラクターもの(というのか?)が実は俺の好みなのかもしれません、ってそうなのか?

何はともあれ、無事に戻ってこれました。大きな事故にも遭遇せず、転倒もしませんでした。何よりです。

本日の走行距離:417.5km
今回のツーリングの累計走行距離:1532.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第4日

小浜の宿を9時前に出発。またまた寄り道をしたくなり、午前中は京都の山の中を走り回っていました。

20050503_road 爽快に走り抜けることができて楽しかったのですが、そのうち昨日のブログで書いた162号線の一部区間のように、細い道をさまようことに。どんな道なのか、昨日は写真を撮るのを忘れたので、今日は撮りました。路上でバイクをとめて、またがったまま撮った1枚です。カウルの大きさから道の横幅が何となく分かりますでしょうか。反対側から自動車が来ると、端に停車してやり過ごすこともありました。

 

ところで、ツーリングの話をしていながら、昨日までバイクの画像を1枚もアップしていませんでした。バイクの画像ばっかりってのもどうかと思いますが、1枚もないってのも味気ない。(上の写真で少し見えてますけどね)

20050503_sakura 山の中を走っていたら、ちょうど?民家の桜がきれいでしたので1枚撮りました。セロー250の初ツーリングを書いた時も桜と一緒に撮った画像をアップしましたが、今度は「桜とFZS1000」ですね。



その後、山の中を抜けた後で琵琶湖大橋を渡り、琵琶湖の南東部分に沿って走りました。天気も良くて快適。これでもう少し道路がすいていれば言うことなしなんですが。そして、八日市インターチェンジから高速道路に乗り、岐阜各務原で降りました。今日は岐阜で泊まります。

本日の走行距離:267.8km
今回のツーリングの累計走行距離:1115.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 2日 (月)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第3日

今日は早めに宿にチェックインしました。

場所は福井県の小浜市です。少し疲れたというのもありますが、実は寝不足です。このブログの趣旨からずれるのですが、「蚊トンボ白髭の冒険」(藤原伊織)の文庫本の上下刊(講談社)をそれぞれ1晩で読んでたためです。夜は好きな作家の本を読み、昼はバイクでツーリング、というのは実はとてもぜいたくなことだと思うのですが、ちょっと眠い。本当はもっと行きたいところもありましたが、事故のもとになりそうなので中止。今日は早めに寝ようかと。

これで終わりにするのもどうかと思うので、ツーリングネタを1つ。今日走った道の中では敦賀から小浜へと抜ける途中の国道162号線が印象的でした。海沿いの走りやすいところもありましたが、一部区間はとても道が狭い。「国道=そこそこ立派な道」というイメージがあるのですが、ここは違いました。去年のゴールデンウィークには四国や紀伊半島にツーリングへ出かけましたが、それぞれの地によくあるような細い道(私にはそういうイメージがあります)といえば分かっていただけますでしょうか。

で、今日は写真ネタはお休みです。食べ物系でもネタといえるほどのものはありませんでした。

本日の走行距離:170.8km
今回のツーリングの累計走行距離:847.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

3万km

そういえば、今日走った結果、FZS1000の走行距離が3万キロを超えました。

白川郷のどこかで3万kmになったようです。ツーリングから帰ったらバイク屋さんに点検をお願いしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FZS1000で行く飛騨・敦賀ツーリング:第2日

8時半頃に宿を出発。当初は高山に行こうかと思ったのですが、山の中をうろうろしたくなり、高山を通過せずに遠回りをすることに。くねくねした道も中にはありましたが、交通量も少なかったこともあり、それはそれで楽しい。走り回っているうちに正午近くに。そこで、国道472号沿いの道の駅(パスカル清美)で一休みすることにしました。

20050501_rider_don1 バイクを止めてふと見ると、ライダー限定の「ライダー丼」なるメニューの張り紙が。店内で頼もうとすると、メニュー表には書いていなかったのですが注文できました。

 

 

 

 

20050501_rider_don2

写真がそのライダー丼です。素人が料理を撮ると、美味しくなさそうに見えてしまいます………と、とりあえず言い訳をしてみます。ご飯の上にメンチカツ、その上にあんかけみたいな料理でした。昨日のソフトクリームといい、食い物ネタばかりで恐縮です。明日も食べ物の話かなああ。

で、おなかもふくらんだということで、ずんずん進むぞと決意。白川郷で合掌村を見たい、と思っていたら、雨が降ってきました。結局、荘川でバイクを止めレインウェアを着ることに。白川郷に着いた時も雨でした。ちょっとこれでは、ということで合掌村を見に行きませんでした。雨の中を走るのは気を遣いますね。機会を改めて、ぜひ晴れた日に行きたいものです。
その後は高速道路に乗り、雨の中を走りました。本日の宿は片山津温泉です。

本日の走行距離:306.5km
今回のツーリングの累計走行距離:676.1km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »